殺人犯はそこにいるのShigefumi Chidaさんの感想

一つの未解決事件の取材から五つの殺人事件を浮かび上がらせ、解決へと挑む過程で一人の無実の人間を獄中から救い出し、真犯人に迫った記録。殺された幼女達の恐怖、罪なくして18年も自由を奪われた人の苦しみ、娘を殺され尚まだ犯人も捕まらない親の悲しみは涙なくしては読めません。そして何ゆえ事件は未解決なのか?誰のプライドのためなのか?戸惑いの中に、それでも我々は司法に守られて生きていくのだと思うとき、背筋の寒い思いがしますのです。他人事ではない。殺人犯はそこにいる、、
★19 - コメント(0) - 1月9日

感想・レビュー投稿者

75冊/28692ページ/男性

Shigefumi Chidaさんの最近の感想・レビュー

敦煌 (新潮文庫)
敦煌の岩窟で発見された膨大な文書や経典は誰が何の為に、、、まさに壮大なロマン。科挙に落第した青年がふ…続きを読む
戦闘機と空中戦(ドッグファイト)の100年史―WW1から近未来まで ファイター・クロニクル
ありとあらゆる発明が結局は戦争の道具になる。平和の為にとライト兄弟が飛行機を飛ばしてから百余年。空飛…続きを読む
僕僕先生 (新潮文庫)
少女の姿をした仙人に仙骨がないと言われながらも弟子入りした金持ちの道楽息子の奇妙な旅。久方ぶりに神仙…続きを読む
漆の実のみのる国〈下〉 (文春文庫)
鷹山公が藩主となりわずかながらも好転し始めた藩経営は、天明の大凶作で全てご破算。引退した執政を再び担…続きを読む
漆の実のみのる国〈上〉 (文春文庫)
米沢藩の破綻した財政を立て直し、莫大な借金を完済した、上杉鷹山公と改革を導いた執政たちの物語。バブル…続きを読む
戦争の法 (新潮文庫)
座右の書。人生の答えは本には書いてない。だが人生に必要なことはほとんど本に書いてある。ある日新潟かが…続きを読む
ログイン新規登録(無料)