殺人犯はそこにいるのしおしおさんの感想

警察だって検察だって人間だ。DNA型鑑定など捜査につかう資料の精度が今ほど高くなかった時代、もしかすると間違っているかもしれない、と意識できた関係者はどれくらいいたのだろう。明らかに改竄されたという事実を前に、当時捜査に当たっていた人々は何を思うのだろう。司法の在り方、そして報道の在り方を強く問われる一冊。科学技術がいくら進歩しても、それを正しく使いこなす人間がいなければ真実は永久に暗闇の中だ。文庫Xとして再度本書が脚光を浴びた今だからこそ、この事件を色んなメディアが取り上げてほしい。
★32 - コメント(0) - 1月9日

感想・レビュー投稿者

556冊/188686ページ/女性/26

しおしおさんの最近の感想・レビュー

不安な童話 (新潮文庫)
静かな毒気が読んでいる間中つきまとい、タイトルからも感じる不安さをずっと感じていた1冊だった。古橋万…続きを読む
六番目の小夜子 (新潮文庫)
定期的に読み返したくなる本のうちの1冊。高校卒業して何年も経つけれど、やはり学校という空間の特殊性み…続きを読む
挫折を経て、猫は丸くなった。: 書き出し小説名作集
面白かった。これ見ながら友達とわいわいあれやこれやと話すのも楽しい。続きを妄想しちゃうのもあれば、書…続きを読む
ネバーランド (集英社文庫)
かなり久しぶりの再読。恩田陸さんの描く学園ものはノスタルジーを感じさせて好き。伝統ある名門男子校の寮…続きを読む
桶川ストーカー殺人事件―遺言 (新潮文庫)
文庫Xを読んで、この本の存在を知った。またも、頭を鈍器で殴られたような衝撃を受けた。被害者の遺言をこ…続きを読む
テロリストのパラソル (講談社文庫)
40過ぎのアル中バーテンダーである島村は、いつものように新宿中央公園で酒を飲んでいた際に爆弾テロに遭…続きを読む
ログイン新規登録(無料)