殺人犯はそこにいるのしおしおさんの感想

警察だって検察だって人間だ。DNA型鑑定など捜査につかう資料の精度が今ほど高くなかった時代、もしかすると間違っているかもしれない、と意識できた関係者はどれくらいいたのだろう。明らかに改竄されたという事実を前に、当時捜査に当たっていた人々は何を思うのだろう。司法の在り方、そして報道の在り方を強く問われる一冊。科学技術がいくら進歩しても、それを正しく使いこなす人間がいなければ真実は永久に暗闇の中だ。文庫Xとして再度本書が脚光を浴びた今だからこそ、この事件を色んなメディアが取り上げてほしい。
★33 - コメント(0) - 1月9日

感想・レビュー投稿者

563冊/190862ページ/419レビュー/女性/26

しおしおさんの最近の感想・レビュー

盲目的な恋と友情 (新潮文庫)
タイトル通り、盲目的な恋と盲目的な友情のお話。茂実星近に恋する蘭花と、蘭花の友情を得るのに必死な留利…続きを読む
言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書)
著者の研究とかというよりも様々な文献などから集めた情報を並べた感じで、面白いんだけどこれが新書大賞か…続きを読む
有頂天家族 (幻冬舎文庫)
久しぶりの再読。相変わらずとってもオモチロくて読み終わって幸せを感じる。四兄弟は阿呆の血のしからしむ…続きを読む
ウィニー・ザ・プー (新潮文庫)
何か教訓めいたものを求めるのではなく、愛らしいクマさんたちにただただ会いたくて、ページをめくる。とん…続きを読む
桜風堂ものがたり
この本を売りたいと思った書店員さんがたくさんいること。そのこと自体がこの物語のファンになった者として…続きを読む
あきない世傳 金と銀〈3〉奔流篇 (時代小説文庫)
惣次と夫婦となり、五鈴屋を盛り立てていく幸。四代目がボロボロにした五鈴屋を、商才に長けた惣次と幸が協…続きを読む
ログイン新規登録(無料)