殺人犯はそこにいるのしおしおさんの感想

警察だって検察だって人間だ。DNA型鑑定など捜査につかう資料の精度が今ほど高くなかった時代、もしかすると間違っているかもしれない、と意識できた関係者はどれくらいいたのだろう。明らかに改竄されたという事実を前に、当時捜査に当たっていた人々は何を思うのだろう。司法の在り方、そして報道の在り方を強く問われる一冊。科学技術がいくら進歩しても、それを正しく使いこなす人間がいなければ真実は永久に暗闇の中だ。文庫Xとして再度本書が脚光を浴びた今だからこそ、この事件を色んなメディアが取り上げてほしい。
★26 - コメント(0) - 1月9日

感想・レビュー投稿者

549冊/186410ページ/女性/26

しおしおさんの最近の感想・レビュー

花のれん (新潮文庫)
継いだ呉服店を己の寄席道楽で潰すような頼りない夫に嫁いだ多加。いっそのこと道楽を商売に、と夫婦で寄席…続きを読む
沈黙 (新潮文庫)
教科書の数行でしか知らなかったキリスト教迫害がこんなにも残酷で過酷なものだったのだということ。この小…続きを読む
ソロモンの指環―動物行動学入門 (ハヤカワ文庫NF)
動物行動学という領域を開拓した、コンラート・ローレンツによる言わずと知れた名著。アルテンベルクでの、…続きを読む
会議でスマートに見せる100の方法
読んでる間笑いっぱなしだった。お気に入りは「描くだけでスマートに見える21個の無意味な図形」。あと分…続きを読む
(P[に]2-1)私の大好きな探偵 仁木兄妹の事件簿 (ポプラ文庫ピュアフル)
雄太郎と悦子の仁木兄妹シリーズ。「みどりの香炉」「黄色い花」「灰色の手袋」「赤い痕」「ただ一つの物語…続きを読む
(P[に]2-2)猫は知っていた 仁木兄妹の事件簿 (ポプラ文庫ピュアフル)
豪華な館も、親族間の血みどろの愛憎劇もないけれど、ミステリを読んだなーという気持ちになる一冊。かねて…続きを読む
ログイン新規登録(無料)