羊と鋼の森のプーさんの感想

才能と努力に関する考え方はなかなか面白かった。 「経験や、訓練や、努力や、知恵、機転、根気、そして情熱。才能が足りないなら、そういうもので置き換えよう。もしも、いつか、どうしても置き換えられないものがあると気づいたら、そのときにあきらめればいいではないか。怖いけれど。自分の才能なさを認めるのは、きっととても怖いけれど。」
★32 - コメント(0) - 1月9日

感想・レビュー投稿者

157冊/52276ページ/99レビュー/男性/27/大学生・院生

プーさんの最近の感想・レビュー

入社1年目の教科書
ついに社会人になるので何年も前から多くの人に勧められてきたこの一冊に取りかかった。非常に手軽に読める…続きを読む
貧乏人の経済学――もういちど貧困問題を根っこから考える
サックス、イースタリーのどちらにも与せず開発経済学がいかに貧困をなくすのかを語った一冊。実例を多く引…続きを読む
捕食者なき世界
数年前に研究室の先輩に勧められていたのをふと思い出し購入。「栄養カスケード」におけるトップダウンとボ…続きを読む
きつねのはなし (新潮文庫)
森見登美彦の短編集。これまでの森見登美彦作品では見たことのないホラー調の四作が収録されている。読む前…続きを読む
荒木飛呂彦の漫画術 (集英社新書)
ジョジョの不思議な冒険を貫く「論理」を作者自ら解説してくれる一冊。漫画の構成要素を「キャラ」「ストー…続きを読む
何度でもオールライトと歌え
大好きなアジカンのボーカル後藤さんが書いた本だったので手に取ってみた。等身大の言葉で語られているのが…続きを読む
ログイン新規登録(無料)