羊と鋼の森のプーさんの感想

才能と努力に関する考え方はなかなか面白かった。 「経験や、訓練や、努力や、知恵、機転、根気、そして情熱。才能が足りないなら、そういうもので置き換えよう。もしも、いつか、どうしても置き換えられないものがあると気づいたら、そのときにあきらめればいいではないか。怖いけれど。自分の才能なさを認めるのは、きっととても怖いけれど。」
★30 - コメント(0) - 1月9日

感想・レビュー投稿者

150冊/50172ページ/男性/27/大学生・院生

プーさんの最近の感想・レビュー

職業としての小説家 (Switch library)
伝えたいものがあって、それを伝えるためにものを書くという手段を選んでいるのが小説家だという思い込みを…続きを読む
吉里吉里人 (上巻) (新潮文庫)
井上ひさしの小説に初めて読んでいるが、舞台設定が非常に面白い。時代考証や文化人類学に基づく正統派SF…続きを読む
ものいわぬ農民 (岩波新書 青版)
講義の一環として通読。東北地方の農民の生活苦を描き出している。これを読むと過去の農民の生活が素晴らし…続きを読む
パパラギ はじめて文明を見た南海の酋長ツイアビの演説集 (SB文庫)
未開地から見た先進国の歪さを様々な側面から描写した一冊。この後開発や援助について学ぶにあたって多くの…続きを読む
フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
先日友人との話に登ったので、久しぶりに再読。伝記的側面もあるのでお薦めしやすい一冊。続きを読む
服従
「フランスの大統領選でイスラム党が与党になったら」という未来を描いた小説。皮肉が効いていて、とても自…続きを読む
ログイン新規登録(無料)