沈黙のゆーやさんの感想

2017年3冊目。マーティン・スコセッシ監督の映画『沈黙-サイレンス-』の原作。キリシタン弾圧下の日本で、多くの日本人信者たちが苦境にある中、「神はなぜ黙っているのか」。パードレであるロドリゴが信仰を頑なに守れば守るほど、信者たちが殺されていく現実。それでも「転ぶ」ことなく信仰を貫くことは、神のためなのか、教会の汚点になりたくない自分のためなのか。神がいなかったとしたら、苦難を乗り越えてきた宣教師も殉教者たちも、あまりには滑稽ではないか。タブーともとらわれかねない根源的な葛藤を描く衝撃的な作品だった
★24 - コメント(0) - 1月9日

感想・レビュー投稿者

533冊/149723ページ/男性/29

ゆーやさんの最近の感想・レビュー

ひとりの力を信じよう――「今あるもの」で人と地域の未来をつくる
2016年4冊目。「綿密な計画よりも、まずは目の前のひとりを動かす」。震災後、建物の8割は津波で流さ…続きを読む
ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編
2017年2冊目。(三読目)まともに向き合おうとすると本当に物理的に体力を使う。三読目だから展開が分…続きを読む
天才たちの日課  クリエイティブな人々の必ずしもクリエイティブでない日々
2017年1冊目。161人のクリエイター(小説家、作曲家、建築家etc)の習慣をまとめた本。「どの習…続きを読む
増補 思春期をめぐる冒険:心理療法と村上春樹の世界 (創元こころ文庫)
2016年68冊目。心理療法の世界と村上春樹作品のストーリーの類似性を語った本。河合隼雄さんも同じよ…続きを読む
村上春樹と私
2016年67冊目。夏目漱石、芥川龍之介や村上春樹の翻訳を手掛けるハーバード大学名誉教授。村上春樹の…続きを読む
小説の技法 (岩波文庫)
2016年66冊目。「創作」に対して、頭の中で言葉になりかけてつかみきれなかった多くのことが、この本…続きを読む
ログイン新規登録(無料)