そして生活はつづくのたんぽぽさんの感想

昨年末から今年の初読はこれ!と決めていた。星野源2冊目。下ネタ満載。くだらない事なのにそう感じさせない面白さも備えつつ『マイナスがあればプラスがある』『自分をなくすこと』とか星野源流の哲学を感じる。ひとりはつづく。は切なかったり…なんだろ。カッコ悪いのにカッコイイ!すごいなぁ、源ちゃん。ますます好きになった♪
★157 - コメント(0) - 1月9日

感想・レビュー投稿者

23冊/8422ページ/女性

たんぽぽさんの最近の感想・レビュー

魔球 (講談社文庫)
息子が野球しているからという理由でタイトル買い。息子が生まれる随時前に刊行された本だけど、昔も今も野…続きを読む
パラレルワールド・ラブストーリー (講談社文庫)
タイトル買い。カジュアルなイメージで読み始めたら…重かった。記憶の改編がテーマで途中『…続きを読む
小説 君の名は。 (角川文庫)
映画に行けないから小説で!と手に取り即読了。テレビで予告や少しの映像を見ているせいか、読みながら画が…続きを読む
働く男 (文春文庫)
今年の初め娘がプレゼントしてくれた本。星野源。役者、歌手、芸人?、執筆家。特別イケメンでもないのに、…続きを読む
何者 (新潮文庫)
時代が違うんでしょうね。全く共感できませんでした。大体、仲良く就活なんてできっこない。その裏に大なり…続きを読む
宿命 (講談社文庫)
犯人探しより、何か含みのある登場人物それぞれの描き方に興味がいく。最後に全てが繋がるけど、格差があり…続きを読む
ログイン新規登録(無料)