殺人犯はそこにいるのaoyaさんの感想

菅家さんは、「やっていない」と何度言っても聞く耳を持たない自供を強いるだけの警察のことは諦めても、この国は信じていた。裁判になれば、無実なのだから絶対に間違っているDNA型鑑定と無理やりに作られた自供を裁判官が見抜いてくれると信じていた。それが無期懲役刑で冤罪とわかるまで17年半も刑務所に……。信じていた菅家さんの気持ちを思うと何ともやりきれません。いろいろ考えさせられる一冊で、読んでよかったです。事件をここまで掘り下げた清水さんの地道な取材力には頭が下がります。
★30 - コメント(0) - 1月9日

感想・レビュー投稿者

181冊/74236ページ/女性

aoyaさんの最近の感想・レビュー

帰郷―刑事・鳴沢了 (中公文庫)
青山署刑事課の鳴沢了、33歳。病気で入院中だった父親が亡くなり、忌引きで新潟に帰省していた鳴沢のもと…続きを読む
虚夢 (講談社文庫)
これは、一気読みしてしまうでしょう。読後、何をどう言い表してよいのかわかりませんでした。ぐる~と回っ…続きを読む
孤狼―刑事・鳴沢了 (中公文庫)
青山署・刑事課の鳴沢了、32歳。本庁の理事官から「失踪した刑事の捜索」という特命を受け、練馬北署の今…続きを読む
闇の底 (講談社文庫)
あぁ、そうか、そうなったのかぁ……。まさにタイトル通りの闇の底。この底は…続きを読む
熱欲 (中公文庫)
警視庁青山署生活安全課の鳴沢了、31歳。今回の鳴沢は刑事課ではないんです。マルチ商法の捜査にあたり、…続きを読む
生存者ゼロ (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
面白かったです! 北海道で未知の感染症が発生した。数ヶ月後には国を揺るがすほどの凄まじい事態になって…続きを読む
ログイン新規登録(無料)