殺人犯はそこにいるのaoyaさんの感想

菅家さんは、「やっていない」と何度言っても聞く耳を持たない自供を強いるだけの警察のことは諦めても、この国は信じていた。裁判になれば、無実なのだから絶対に間違っているDNA型鑑定と無理やりに作られた自供を裁判官が見抜いてくれると信じていた。それが無期懲役刑で冤罪とわかるまで17年半も刑務所に……。信じていた菅家さんの気持ちを思うと何ともやりきれません。いろいろ考えさせられる一冊で、読んでよかったです。事件をここまで掘り下げた清水さんの地道な取材力には頭が下がります。
★30 - コメント(0) - 1月9日

感想・レビュー投稿者

169冊/69331ページ/126レビュー/女性

aoyaさんの最近の感想・レビュー

ジェノサイド 上 (角川文庫)
うわっ、続き気になるぅう! 日本、アメリカ、アフリカの異なる国で起こる出来事がどう繋がっていくのか興…続きを読む
ビート―警視庁強行犯係・樋口顕 (新潮文庫)
警視庁強行犯係・樋口顕シリーズですが、今回は捜査二課の島崎刑事がメインです。樋口さんは脇に回ってもい…続きを読む
依頼は殺しのあとに (メディアワークス文庫)
「にこにゃんハウスクリーニング」かわいい名前の清掃会社の実態は、タイトル通りのお仕事です。そこで働く…続きを読む
隻眼の少女 (文春文庫)
どうしてだかなかなかページが進まなくて苦労しました。連続殺人事件を少女探偵・御陵みかげが推理するのに…続きを読む
駐在刑事 (講談社文庫)
いろいろあって捜査一課から奥多摩の水根駐在所のお巡りさんになったバツイチの江波さんが活躍する連作短編…続きを読む
閃光 (角川文庫)
実際にあった三億円事件を背景に、現在進行形の殺人事件が上手く絡んで面白く読めました。警視庁捜査一課で…続きを読む
ログイン新規登録(無料)