殺人犯はそこにいるの文学ババアさんの感想

さわや書店の文庫Xから。なんの予備知識もなく読み始めてびっくりした(てっきり小説かと思ってた)。取り扱っている内容と専門用語に戦きつつも読み進めて、第五章から出てきた「桶川事件」から一気に読み進めた。すごい……法務省をはじめとして警察・科警研・検察の仕事の杜撰さが酷い。もちろん、被害者に寄り添って職務を全うしている人達もいるとは思うし、そう信じたいのだけれど、本当に心の底から信じられなくなった。
★27 - コメント(0) - 1月9日

感想・レビュー投稿者

87冊/17600ページ/女性/公務員

文学ババアさんの最近の感想・レビュー

女の友情と筋肉(3) (星海社COMICS)
新刊が出たから再読! マユの生き方かっこい〜!続きを読む
ベルサイユオブザデッド 1 (ビッグコミックス)
ベルばらでフランス史はバッチリ抑えてる(?)から読んでて色んな意味で「これからどうなんの?」と心配に…続きを読む
女の友情と筋肉 2 (星海社COMICS)
新刊が出たから再読! 初めて読んだ時はユイの結婚にときめいたな…(遠い目) 前巻に引き…続きを読む
女の友情と筋肉(1) (星海社COMICS)
新刊が出たから再読!渡辺と響主任が好きwww続きを読む
ふなふな船橋
花子さんの真相から松本さんが掘り起こすところで号泣した……。 あと、ふな…続きを読む
蝶々の纏足・風葬の教室 (新潮文庫)
二作とも主人公の少女が早熟で、でも指先で少し触れればたちまち粉々になってしまいそうな危うさを感じてゾ…続きを読む
ログイン新規登録(無料)