殺人犯はそこにいるのしゅうほうさんの感想

2019年。今年はまた読書に勤しんでいこうと考え、知人に骨太なミステリーを尋ねたところ、ミステリーではないけど、と、この本を紹介された。で、一晩かかって一気読み。こんな迫力のあるノンフィクションを今だかつて読んだことないぞってくらい。北関東でおこる幼女誘拐殺人事件の真相に迫る。冤罪で17年服役した足利事件渦中にいた菅家さんの釈放のニュースは記憶に新しい。新年一発目だけど、間違いなく今年一番の読書体験になると思う。
★18 - コメント(0) - 1月9日

感想・レビュー投稿者

92冊/35331ページ/男性

しゅうほうさんの最近の感想・レビュー

我が心の底の光
犯罪小説。他の作品に例えるのは好きではないが、東野圭吾の白夜行を思い出した。読み進める上で展開はすご…続きを読む
悪夢の六号室 (幻冬舎文庫)
相変わらずハチャメチャな悪夢シリーズ。何も考えないで読むのにはもってこい。でもある意味ではスゲー作り…続きを読む
大人の男の遊び方
相変わらずの静節。嫌いじゃない。むしろ好き。続きを読む
火星に住むつもりかい?
どんなに善行を重ねても安らかな死を迎えるとは限らない。テーマとは違うがすごく納得の行く一文だったな。…続きを読む
JOJO’S BIZARRE ADVENTURE OVER HEAVEN
ジョジョ3部、スターダストクルセイダーズをDIOの視点から手記と言った形で物語が展開する。 3部の物…続きを読む
桜宵 (講談社文庫)
ギョイコウザクラの話が好き。こんなビアバー行ってみたいです。/香菜里屋シリーズの2作目。引き続き蛍坂…続きを読む
ログイン新規登録(無料)