羊と鋼の森のそちゃさんの感想

若きピアノ調律師の話。一歩一歩、誠実な小説だった。調律という陰に生きる才能にスポットを当てたのかと思ったけど、もっと地道で実直な人々が生きる世界だった。目指す道を進みきれない恐怖や、努力と才能の狭間など、生き方へのそれぞれの登場人物が述べる言葉が鋭かった。そして言葉にすることの難しさと、言葉の奥にある深みに感動する話だった。
★54 - コメント(0) - 1月9日

感想・レビュー投稿者

670冊/197298ページ/女性/29

そちゃさんの最近の感想・レビュー

完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込 (角川文庫)
予想外に読み応えがあった。充実した読書だった!そして散々中二病言われてますが、若林さんの考え方と違和…続きを読む
フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ (下) (ハヤカワ文庫NV) (ハヤカワ文庫 NV シ 28-3)
なんとか最後まで。続編はもういいかな。感想が適当になってきてしまったから…。続きを読む
烏に単は似合わない (文春文庫)
異世界ファンタジー一気読み。松本清張賞の辺りからこの本の特性に気付くべきだったのに…し…続きを読む
フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ (上) (ハヤカワ文庫NV) (ハヤカワ文庫 NV シ 28-1)
話題になっていたので読んでみようかと。なんか、なんと感想を書いていいのやら笑。とりあえず翻訳の割に読…続きを読む
鎌倉香房メモリーズ 4 (集英社オレンジ文庫)
思ったよりもヘビーな内容で、気軽な読書をと思ったのにとんでもなかった。雪哉さんの過去も、ふみ先生の過…続きを読む
ログイン新規登録(無料)