羊と鋼の森のYukibe-さんの感想

ピアノの調律師を目指す話。表現や比喩、文章がとても綺麗だなって感じたのが第一印象でした。話の中に調律するにあたっての知識が豊富だけどピアノを詳しく知らなくても解りやすく説明があって読みやすかった。家庭用、コンサートホール用、さまざまな状況で音が変わってしまうんだということが、読んでて発見がありました。外村くんや和音ちゃんのこれからの成長を応援したい気持ちになった
★40 - コメント(0) - 1月9日

感想・レビュー投稿者

89冊/30424ページ/89レビュー/女性/主婦

Yukibe-さんの最近の感想・レビュー

スープ屋しずくの謎解き朝ごはん ~今日を迎えるためのポタージュ (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
今回のスープもとても美味しそうでした。その温かいスープとは反対にシビアな話が多かったような気がします…続きを読む
数奇にして模型 (講談社文庫)
やっと読み終わった。首を切断というのに何故そうしたのか?という心理的な会話で読んでて辛くてなかなか前…続きを読む
いまさら翼といわれても
古典部シリーズ。今回の話はなんだかモヤモヤや切なさ、といった感情が殆どだった。"わたしたち…続きを読む
スープ屋しずくの謎解き朝ごはん (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
スープや食に関しての知識は豊富に書かれてて凄い勉強になるものが多かった。最初の内容が恋愛が絡んでたの…続きを読む
君と時計と雛の嘘 第四幕 (講談社タイガ)
だいたい仮説の通りに物事が進んでいった最終巻だった。最後のタイムリープで全て元通り。本当に文字通り&…続きを読む
道然寺さんの双子探偵 (朝日文庫)
最初の印象は福岡の方言が強くてこの方言のまま会話がされたら内容が解らないかも。と思った。お寺の知識、…続きを読む
ログイン新規登録(無料)