羊と鋼の森のはたまきさんの感想

美しい。音楽をめぐる物語だからというだけではなく、室内楽のような調和に満ちている。
★36 - コメント(0) - 1月9日

感想・レビュー投稿者

89冊/27041ページ/28レビュー/男性

はたまきさんの最近の感想・レビュー

国境の南、太陽の西 (講談社文庫)
再読。スプートニクと並んでピンとこない中編であり続けていたけれど、ふと思った。主人公がろくでもない人…続きを読む
六番目の小夜子 (新潮文庫)
舞台は高校。生徒の間の「サヨコ」の言い伝え。3年に一度、先代のサヨコから秘密裡に指名された者が、サヨ…続きを読む
遠くの声に耳を澄ませて (新潮文庫)
短編集。1つの物語の主人公が別の物語にも登場するつくりは宮下さんならでは。登場人物がそれぞれ疲れてい…続きを読む
はじめからその話をすればよかった
とても短いエッセイを集めた本。だいたい時系列になっていて、宮下さんの物語とシンクロさせると楽しい。と…続きを読む
三月は深き紅の淵を (講談社文庫)
幻の書物を巡るらしき4編の短編集。最初の2編は幻の書物を軸にしていることに気づいて惹きこまれた。3編…続きを読む
田舎の紳士服店のモデルの妻
わりと綺麗な女性が、わりと素敵な男性と結婚して二人の息子にも恵まれて。が、夫がうつ病になって、会社を…続きを読む
ログイン新規登録(無料)