そして生活はつづくのsasaron397さんの感想

読み終わった。 さらっと恥ずかしいセリフなり下ネタなりが出てくるところに、何かシンパシーを感じる。なかなか周りは共感してくれないけど、自分もそういうタイプだ。 周りに流されず、自分のダメな部分も受け止めて、ひとりでもいいからマイペースに生きよう的な部分が凄く強くて良いですな。 役者というのは、度胸を張らないとできないでしょうから、根も強いですし人生も貫けるのですね・・・と、少し感じつつ書を閉じました。
★26 - コメント(0) - 1月9日

感想・レビュー投稿者

63冊/18621ページ/男性

sasaron397さんの最近の感想・レビュー

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
先が気になる終わり方である。少しずるいです(笑)。 登場人物が個性豊かで、少し今風です。本の「せどり…続きを読む
マンガでわかる いまどきの「出世学」
「出世学」なんていう学問があるのかと、目新しさに惹かれて手に取ってみました。 「出世の重要性」や「自…続きを読む
([ほ]4-1)活版印刷三日月堂 (ポプラ文庫)
一言で言えば、癒し系の小説である。活版印刷をテーマに、いくつかの人間模様が繰り広げられます。そして、…続きを読む
脱・限界集落株式会社 (小学館文庫)
大型再開発と地元商店街、どちらに軍配があがるのかという話。 現実でも起こりそうな話ではある。しかし、…続きを読む
督促OLコールセンターお仕事ガイド
督促OL修行日記を読んだ後に読むと良いと思う。 ファンブック的な要素が強いです。 内容的には、タイ…続きを読む
限界集落株式会社 (小学館文庫)
確かにエンターテイメントという言葉がしっくりくるような、スカッと爽快な一冊でした。 「多岐川できすぎ…続きを読む
ログイン新規登録(無料)