iのけいさんの感想

読了後、私はこの作品を、著者の圧倒的なパワーで描かれた自己肯定の物語、と捉えた。世界中で起こっている事故や悲劇を恐れ、自分はそれらから免れ、生きてきた。己の恵まれた、与えられた幸福を恥じてきた。愛する男性と出逢い、自分の血を分けた子どもを産み、自分をこの世界に存在させてくれる揺るぎのない理由が欲しい。「この世界にアイは存在しません。」この言葉にとらわれてしまったアイの物語。西さんにしか描けない世界、しばし脱力感を覚えるほどのパワーだった。
★62 - コメント(0) - 1月9日

感想・レビュー投稿者

371冊/108366ページ/308レビュー/女性/事務系

けいさんの最近の感想・レビュー

ハリネズミ乙女、はじめての恋
児童文学作家さんらしく、テンポがよく、大阪弁を喋る白ハリネズミとの掛け合いが面白くて、思わず引き込ま…続きを読む
マカロンはマカロン (創元クライム・クラブ)
久しぶりの「ビストロ・パ・マルシリーズ」第3作。持ち込まれる日常の謎には少し重いテーマのものも含まれ…続きを読む
司書になるには (なるにはBOOKS)
改訂版が出たのを期に手に取りました。若い人たちが、中学校の仕事体験や公共図書館のこども司書体験を通じ…続きを読む
X’mas Stories: 一年でいちばん奇跡が起きる日 (新潮文庫)
クリスマスの時期には間に合わず。でもアンソロジーならではの個性が光る6話でした。中でも、伊坂さんの作…続きを読む
ヴァン・ショーをあなたに (創元クライム・クラブ)
特に書き下ろし部分の、フランスでの修業時代の三舟シェフを別の人の視点から描いた章が興味深く、良かった…続きを読む
タルト・タタンの夢 (創元クライム・クラブ)
シリーズ新作が久々に刊行されたとのことで、遡って第1作目を手にとりました。下町の商店街の片隅にある、…続きを読む
ログイン新規登録(無料)