ぼくは明日、昨日のきみとデートするのへくとぱすかるさんの感想

ちょっと前から、地下鉄の三条京阪駅コンコースに、映画の等身大の人物看板が置いてある。今でもあるのかな? 読む前はきっと行かない映画と思っていたけど、たった今、ものすごく映画を見たくなった。「あぁ、あれがそうだったんだ!」というわけ。叡電から京阪を通って丹波橋、そして枚方まで。知っているだけに、読みながら脳裏に勝手に映像が浮かんでくる。そして爽やかに泣けた小説。
★637 - コメント(3) - 1月9日
へくとぱすかる
あっ、ひょっとして、いつだったか市内某所を通ったとき、ロケの映画撮影っぽいのをやっていたけど、あれもそうだったのか!? 今気がついた。映画で確認しないと。。。
★21 - 01/10 00:15

オリオン
へくとぱすかるさん、ナイスありがとうございます。
★1 - 01/12 18:50

owarai
ナイスありがとうございます!
★1 - 01/14 07:40


感想・レビュー投稿者

1142冊/291355ページ/1142レビュー/男性

へくとぱすかるさんの最近の感想・レビュー

漫画 W.メレル・ヴォーリズ伝: 隣人愛に生きた生涯
建築家としての名前は知っていましたが、この短い評伝を読んで、社会事業に大きな足跡を残したことがよくわ…続きを読む
不確定性原理―運命への挑戦 (ブルーバックス 155)
いきなり「巨人の星」の魔球の話から始まる。もしもプランク定数がマクロ的に大きければ、SFの世界が実現…続きを読む
タイの文字と言葉 (世界の文字と言葉入門)
東南アジアの文字としては、日本でもかなり見かけるが、読み方がさっぱりわからない。この本を一読しただけ…続きを読む
ギリシアの文字と言葉 (世界の文字と言葉入門)
大判のグラフィックな本で、一見難しそうなギリシア文字について、最高にやさしく解説してくれる。文字が目…続きを読む
マックスウェルの悪魔―確率から物理学へ (ブルーバックス 152)
発行当時の見解とはいえ、ラストの未来予測は衝撃的。熱力学第二法則は、厳密には近似なので、そこに抜け穴…続きを読む
サザエさんからいじわるばあさんへ 女・子どもの生活史 (朝日文庫)
「サザエさん」は平均的ではない。という指摘に驚いた。話題にもなった「マスオさん現象」が実は稀なことだ…続きを読む
ログイン新規登録(無料)