ぼくは明日、昨日のきみとデートするのへくとぱすかるさんの感想

ちょっと前から、地下鉄の三条京阪駅コンコースに、映画の等身大の人物看板が置いてある。今でもあるのかな? 読む前はきっと行かない映画と思っていたけど、たった今、ものすごく映画を見たくなった。「あぁ、あれがそうだったんだ!」というわけ。叡電から京阪を通って丹波橋、そして枚方まで。知っているだけに、読みながら脳裏に勝手に映像が浮かんでくる。そして爽やかに泣けた小説。
★871 - コメント(4) - 1月9日
へくとぱすかる
あっ、ひょっとして、いつだったか市内某所を通ったとき、ロケの映画撮影っぽいのをやっていたけど、あれもそうだったのか!? 今気がついた。映画で確認しないと。。。
★21 - 01/10 00:15

オリオン
へくとぱすかるさん、ナイスありがとうございます。
★1 - 01/12 18:50

owarai
ナイスありがとうございます!
★1 - 01/14 07:40

抹茶
ナイスありがとうございます!
★1 - 01/28 08:21


感想・レビュー投稿者

1176冊/299285ページ/1176レビュー/男性

へくとぱすかるさんの最近の感想・レビュー

トリックアート大百科 (鉄人文庫)
書店の店頭で、背表紙だけしか見えなかったのに、なぜか目が吸い寄せられた。中身は期待以上でした。現代の…続きを読む
ふしぎな足音 (少年少女世界推理文学全集)
児童向きのリライトとはいえ、ブラウン神父シリーズの、あのはぐらかされたような感覚はそのまま伝わってく…続きを読む
(P[に]2-3)林の中の家 仁木兄妹の事件簿 (ポプラ文庫ピュアフル)
久々の再読はポプラ文庫。ストーリーも何もかも忘れていたけど、ただひとつトリックを覚えていました。伏線…続きを読む
ふしぎなことば ことばのふしぎ (ちくまプリマーブックス)
ことばの現況や歴史ではなく、たとえば語形そのものの不思議さに焦点をあてて、あらためてことばについて考…続きを読む
ペ―ショートショート集 (講談社文庫)
「ぺ」「テルのお話の話」「りんご」など、星新一に似ていて、でもやはり谷川さんの詩を感じる世界。比喩や…続きを読む
猫は知っていた(文庫コレクション ー 大衆文学館)
60年という歳月の流れや古さは感じさせない。端正な古典ミステリをそのまま日本語に移入したかのような名…続きを読む
ログイン新規登録(無料)