iのタカさんの感想

決してアイのせいでは無いのに血の繋がらない親に育てられた境遇からか自分の生きている価値を問いただす毎日を過ごしている。しだいに戦争に巻き込まれる人々や天災に飲み込まれる人達に目は向けられ、何も罪のない人達が一纏めにいなくなる理由探しまで始めてしまう。優しい性格のアイには「宿命」と片付けるだけでは乗り越えられなかっただろう。さらに追い討ちをかけるようにその宿命は母親の権利さえ奪おうとしている。とても考えさせる作品だと思います。人を思いやる気持ちが自分自身だと気づかせるラストは西さんならではだなと感じた。
★79 - コメント(0) - 1月9日

感想・レビュー投稿者

847冊/236306ページ/823レビュー/男性/47/自営業

タカさんの最近の感想・レビュー

絶対正義
徹底した正義を貫く範子に翻弄される話でした。でも、そんな人なかなかいない気もする。続きを読む
悩みいろいろ――人生に効く物語50 (岩波新書)
サンデーモーニングなどでお馴染みの金子勝氏が、朝日新聞土曜版掲載の「悩みのるつぼ」の回答者として出来…続きを読む
探偵は女手ひとつ
元警官の留美は、探偵とは名ばかりの便利屋として、娘との日々の生活を過ごしている。たまにくる元同僚から…続きを読む
マチネの終わりに
話の中身はともかく、情景を言葉で補完してくれるすごさに素晴らしさを感じます。以前、テレビ寺子屋でお年…続きを読む
すぐ始めて ちゃんと続けるにはコツがある (青春新書プレイブックス)
「大きな目標を立てない」には納得する。むしろ目標はいらないかも知れない。読書を始めて意識していたのは…続きを読む
新潮 2016年 11 月号 [雑誌]
縫わんばならんを読む。長崎の島に住む四世代の話。前半は割と退屈で山場のない朝ドラをみているようでした…続きを読む
ログイン新規登録(無料)