羊と鋼の森のしろちゃさんの感想

とても綺麗な、澄んだ物がちりばめられているような文章だった。外村くんが高校時代に板鳥さんと、その調律と出会ったことで、羊と鋼の森を歩き始め、成長していく姿も良い。すぐ何かに影響されそうになってしまう私は、もっと若い時にこの本を読んでいたら(まだ書かれていないので無理だけど)うっかり調律師目指してしまっていたかもしれないので、今でよかった気がするwうちの古いピアノも綺麗に響かせてあげないと可哀想だな…。
★41 - コメント(0) - 1月9日

感想・レビュー投稿者

709冊/199951ページ/709レビュー

しろちゃさんの最近の感想・レビュー

完本 密命 巻之三 残月無想斬り (祥伝社文庫)
どうもなー。154年余も生きてる武芸者とか日血刀剣とかちょっとな。それにしても大金使った芝居でおびき…続きを読む
千両花嫁―とびきり屋見立て帖 (文春文庫)
誰よりも頑張る真之介と、目利きばっちりなゆず夫婦。色々な道具の話や観相術なんかが出てきて興味深い。京…続きを読む
小耳にはさもう
バッタバッタと切り捨ててくのはさすが。その中に、当時騒動になった名付け「悪魔」ちゃんの父親もまざって…続きを読む
完本 密命 巻之二 弦月三十二人斬り (祥伝社文庫)
あれ??藩に戻ってる??と混乱のうちになにやら新たな事件。1巻から7年後だとさ。あの人とかあの人とか…続きを読む
らくだ 新・酔いどれ小籐次 (六) (文春文庫)
らくだの臭いを辿るクロスケ。警察犬の真似ごともできるなんて!らくだを捕まえる時に落馬した小籐次がしゅ…続きを読む
完本 密命 巻之一 見参!  寒月霞斬り (祥伝社文庫)
表向き藩を逐電したことになっている惣三郎。真相は藩主からの密命を負ってのことだけれど、なんせ密命なだ…続きを読む
ログイン新規登録(無料)