羊と鋼の森のしろちゃさんの感想

とても綺麗な、澄んだ物がちりばめられているような文章だった。外村くんが高校時代に板鳥さんと、その調律と出会ったことで、羊と鋼の森を歩き始め、成長していく姿も良い。すぐ何かに影響されそうになってしまう私は、もっと若い時にこの本を読んでいたら(まだ書かれていないので無理だけど)うっかり調律師目指してしまっていたかもしれないので、今でよかった気がするwうちの古いピアノも綺麗に響かせてあげないと可哀想だな…。
★41 - コメント(0) - 1月9日

感想・レビュー投稿者

698冊/196092ページ

しろちゃさんの最近の感想・レビュー

喧嘩屋 取次屋栄三16 (祥伝社文庫)
大阪帰りに平塚で昔馴染みのために一肌脱いできた栄三。そんな栄三と萩江さんはどうなっていくのかな&he…続きを読む
姉と弟 新・酔いどれ小籐次 (四) (文春文庫)
江戸版オレオレ詐欺が。昔も本当にあったりしたのかもね。騙されて行方不明と思ったら賭場で壺振ってた一人…続きを読む
桜吹雪 新・酔いどれ小籐次(三) (文春文庫)
小籐次とおりょうさんの関係も公に。それと同時に望外川荘に引っ越すとかそりゃないわー。ずっと長屋にいる…続きを読む
あやかし飴屋の神隠し (メディアワークス文庫)
なんで飴だったのか、形にしたらなんでそこになんらかの力が宿るのか?そのへん曖昧。雰囲気嫌いじゃないの…続きを読む
何をいまさら (角川文庫)
なつかしい名前が色々出てくるなぁ。「―あの時の志穂美悦子と国生は似ている。」という文章が出てくるけど…続きを読む
声なき蝉-空也十番勝負 青春篇(下) (双葉文庫)
うん、やっぱり生きてるよね。ゆくゆくは…というか十番勝負終わったら、薩摩に行って眉月も…続きを読む
ログイン新規登録(無料)