羊と鋼の森のしろちゃさんの感想

とても綺麗な、澄んだ物がちりばめられているような文章だった。外村くんが高校時代に板鳥さんと、その調律と出会ったことで、羊と鋼の森を歩き始め、成長していく姿も良い。すぐ何かに影響されそうになってしまう私は、もっと若い時にこの本を読んでいたら(まだ書かれていないので無理だけど)うっかり調律師目指してしまっていたかもしれないので、今でよかった気がするwうちの古いピアノも綺麗に響かせてあげないと可哀想だな…。
★40 - コメント(0) - 1月9日

感想・レビュー投稿者

682冊/191250ページ/682レビュー

しろちゃさんの最近の感想・レビュー

酔いどれ小藤次留書 祝言日和 (幻冬舎時代小説文庫)
うーん、やっぱり肉食おりょうさん苦手だ…。小籐次があくまでも陰の支えになりきろうとして…続きを読む
酔いどれ小籐次留書 旧主再会 (幻冬舎時代小説文庫)
旧主というので通嘉さんかと思ったら…思わぬ再会がなんだか嬉しかった。いい殿様になったね…続きを読む
新春歌会―酔いどれ小籐次留書 (幻冬舎文庫)
おりょうさんが今なら肉食系。いまいちイメージに合わない。話と関係ないけど老中の青山さんより2年先任だ…続きを読む
品川の騒ぎ―酔いどれ小籐次留書 青雲篇 (幻冬舎時代小説文庫)
小籐次が若いっていうのがなんだか不思議で新鮮w結構遊んでたのね。でも昔から強かったんだなぁ。この時の…続きを読む
くるねこ 18
ブログは毎日読んでいるけれどまた改めて読んでも面白い。そしてブログにはなかった番外編はいつも楽しみ&…続きを読む
すみれ野 立場茶屋おりき
おきちちゃん、三代目嫌なのかー。そのうちまた考えも変わってきたりしそうだけど。それにしてもおきちちゃ…続きを読む
ログイン新規登録(無料)