本日は、お日柄もよくのandaseizoukiさんの感想

スピーチライターの仕事をメインに、感動的なスピーチについて書いた小説。人を惹きつけるスピーチとは、どういったものかが分かる小説で、ストーリー性もあるので面白い。実体験で、聴衆と同じ気持ちになること、自分のできないことは、はっきりと認め、間違えたことは、間違えたと認めるいう、当たり前のことをスピーチに入れることが重要である。
★22 - コメント(0) - 1月9日

感想・レビュー投稿者

254冊/59998ページ/190レビュー/男性

andaseizoukiさんの最近の感想・レビュー

SFを実現する 3Dプリンタの想像力 (講談社現代新書)
3Dプリンタを使ってできる未来について、筆者の想いがつづられた本。引用してくる考え方等が面白く参考に…続きを読む
ウシジマくんvs.ホリエモン 人生はカネじゃない!
ウシジマ君の一部を取り出しながら、ホリエモンの思想を強く書いている本。基本的にホリエモンの意見に賛成…続きを読む
イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」
ようやく読んだ名著。解を探すのに必死になるのではなく、そもそも問題、課題がいいものかを見極めなければ…続きを読む
脳と身体の動的デザイン―運動・知覚の非線形力学と発達 (身体とシステム)
運動制御について独自の理論を展開し、どのように能力を体得していくか赤ちゃんの実験での結果をメインに書…続きを読む
「良い質問」をする技術
質問力に興味があり、読んでみた。質問にこだわり、適切な質問をすることで、人に気づきを与え成長させるこ…続きを読む
正解が見えない課題を圧倒的に解決する 超仮説思考
超とついているが、仮説を持って動かないとダメだよと書いた本。内容がマーケティングやビジネスに寄りすぎ…続きを読む
ログイン新規登録(無料)