iのジョン・リードさんの感想

独特の筆致で人間の内面を書き出す作家さんで、ハズレはない印象だったのであるが本作はどうも今ひとつ。シリア内戦がサブテーマになっているが、 本書に書かれているニュースが西側大手マスコミを引いていて、それが短絡的な印象を持たせてしまったようだ。シリア内戦がメインテーマではないので、そこまでこだわらなくてもよいのかもしれないが…。
★15 - コメント(0) - 1月10日

感想・レビュー投稿者

286冊/89815ページ/131レビュー/男性

ジョン・リードさんの最近の感想・レビュー

美都で恋めぐり (講談社文庫)
さわやかな恋愛もの。登場人物たちが皆優しくて安心して読める。大阪、奈良の名所案内の趣もよい。著者の狐…続きを読む
ホセ・ムヒカ 日本人に伝えたい本当のメッセージ (朝日新書)
インタビュー自体の分量は少なく、ホセ・ムヒカ氏の紹介というよりは、行き過ぎた資本主義(新自由主義)に…続きを読む
収奪された大地―ラテンアメリカ500年
1971年のウルグアイで出版されいくつかの国で発禁となった本。故チャベス大統領がオバマ大統領に寄贈し…続きを読む
東京會舘とわたし(下)新館
よい作品を出し続ける印象のある作家さん。上下巻各5話ずつ東京會舘にまつわる人たちの話。実在する施設と…続きを読む
夜行
コワイ…。角川で文庫化するなら角川ホラー文庫だろうと思いつつ読み進むと、最終話での反転…続きを読む
桜子は帰ってきたか (文春文庫)
1983年刊行の復刻版とのこと。とても面白かった。終戦時の満州で、恩人の妻(桜子)を日本へと送り届け…続きを読む
ログイン新規登録(無料)