そして生活はつづくの*kie*さんの感想

星野さんのファンではありません。「でも私は、生活というものがすごく苦手だ。」たまたまこの一文を読んで、買ってみた。なぜなら私も生活が苦手だからだ。うまく生活できないことがコンプレックスだったけれど(特段悩んでいるわけでもないけれど)ああ、私と同じような人、他にもいるんだ、と安心。時々クスッと笑える本。
★28 - コメント(0) - 1月10日

感想・レビュー投稿者

62冊/19181ページ/女性

*kie*さんの最近の感想・レビュー

晴天の迷いクジラ (新潮文庫)
40代の女性、20代の男性、16歳の女の子。それぞれが抱える「過去」と「今」。みんな、みんな、誰にも…続きを読む
虚ろな十字架
死刑制度に対する意見を、物語に上手く練りこんである作品。「殺人は死刑でいいでしょ!」と今までは思って…続きを読む
モンスター (幻冬舎文庫)
美に執着…とまでは言わないが、整形する人を眼の前で見てきた私にとっては、ああ、女性はこ…続きを読む
ナミヤ雑貨店の奇蹟 (角川文庫)
「点」だった各々の人生が、最後には「線」になっていく。少しずつ少しずつ繋がっていくので、とても心地よ…続きを読む
ぼくは明日、昨日のきみとデートする (宝島社文庫)
とても読みやすく、きゅんとなるお話。お互いの時間の流れのことを深く考えると辻褄が合わない気が&hel…続きを読む
カラフル (文春文庫)
不安な感情が拭えない時に読む。「自分のこととなると、いろいろ慎重になるし、不安にもなる。ケチにもなる…続きを読む
ログイン新規登録(無料)