きみといたい、朽ち果てるまで ~絶望の街イタギリにてのそらちさんの感想

ホラー小説大賞〈優秀賞〉受賞作。普通のホラー小説と思って読みはじめると、少し肩すかしをくらうかもしれません。全体的にホラーっぽさはあまりないんだけれど、でも舞台装置は確かにホラー的ではある。グロテスクな描写が続く中、迎えるラストは美しい。衝撃的というわけではないけれど、心に残る印象的な作品でした。
★7 - コメント(0) - 1月10日

感想・レビュー投稿者

603冊/150489ページ

そらちさんの最近の感想・レビュー

八月は冷たい城 (ミステリーランド)
ミステリーランド。『七月に流れる花』と対になった作品。深く考えずに七月→八月の順で読んだけ…続きを読む
七月に流れる花 (ミステリーランド)
ミステリーランド。おもしろかった。「夏の人」と呼ばれる「みどりおとこ」、少女たちが集められた城、流れ…続きを読む
水玉ハニーボーイ 6 (花とゆめコミックス)
仙石さんが自覚したと思ったら!思ったら!!!!!すごく鬱陶しいライバルができて、思わずふいてしまった…続きを読む
シャーロック・ホームズの十字架 (講談社タイガ)
二巻目。今回もおもしろかった! 謎解きだけにとどまらず、「機関」と戦うことについて、一歩踏み込んだ巻…続きを読む
記憶屋III (角川ホラー文庫)
こう来たか! の三巻目でした。彼女の登場でようやく一巻目との関係性が見えてきたと思ったら&helli…続きを読む
記憶屋II (角川ホラー文庫)
一巻目できれいに終わっているので、ここからどう繋げていくのだろう……と思…続きを読む
ログイン新規登録(無料)