X’mas Stories: 一年でいちばん奇跡が起きる日のネコさんの感想

ハッピーエンドな作品集ではあった。三浦しをんさんの作品を読んで…江戸時代の人から見た現代人って、やっぱり気力のなさを感じるのかな。踏み絵の壮絶さを今日のクリスマスと比べると、恐ろしさが顕著。いつも思うのは、戦時中の人達が望んだ日本になったのか?幸福度が低いのは悲しい。
★41 - コメント(0) - 1月10日

感想・レビュー投稿者

88冊/25883ページ/女性/事務系

ネコさんの最近の感想・レビュー

中庭の出来事 (新潮文庫)
もう一度一気に読まないと。私には理解不能。あれ、ここ読んだっけ?何で内容知ってるのかな?寝ぼけてた?…続きを読む
盲目的な恋と友情
まさに盲目的な恋と友情。心理描写が細かく、上手。彼氏が一番になってしまう事、好きってそんなに偉い?欲…続きを読む
八月の六日間 (角川文庫)
良かった。山登りと、40歳前後女性主人公の人生。あとがきを読んで、更にこの本が好きになった。言葉少な…続きを読む
烏に単は似合わない (文春文庫)
こわい。人(烏)が何人も死んでるんだよ…。意図がなかったなんて…。少しご…続きを読む
キッチン (角川文庫)
登場人物達はとても辛い状況におかれている。なのに、爽やかな描写。読んでいると、1人じゃない、と暖かさ…続きを読む
ナミヤ雑貨店の奇蹟 (角川文庫)
温かい気持ちになる。〝シビックで朝まで〟が一番好き。ミドリの娘の手紙からは、母の死と娘への愛情、魚屋…続きを読む
ログイン新規登録(無料)