霊感少女は箱の中のコウさんの感想

とりあえず、流石の甲田先生としか言いようがない。 相変わらずの痛覚に刺激を与えてくるような表現。 そして、何気に甲田先生の作品で職業”巫女”が初の本格参戦ではないでしょうか。”巫女”と”魔女”のやり取りが個人的には好きでした。 まさか、あれが伏線とは思いませんでした。 一巻ということでキャラの掘り下げが瞳佳さんと守屋くんだけで、他のロザリア・サークルのメンバーも気になるところです。瞳佳さんも守屋くんもまだ何かありそうですし。 次巻があれば期待したいです。
★9 - コメント(0) - 1月10日

感想・レビュー投稿者

39冊/12760ページ/男性

コウさんの最近の感想・レビュー

虚構推理 (講談社文庫)
虚構の推理でもって虚構を制す。とまぁ、この作品を語るならこれしかないだろうと思う。この作品の見所は琴…続きを読む
名探偵に薔薇を (創元推理文庫)
面白かった。名探偵は超人ではないという事を痛感させられる作品である。これから読む人に言いたいことは一…続きを読む
とある魔術のヘヴィーな座敷童が簡単な殺人妃の婚活事情 (電撃文庫)
鎌池先生の作品大集合!な一冊でした。しかし、男性陣でまともなのが上条さんだけとはこれいかに?作中でも…続きを読む
GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン (3)下 (電撃文庫)
この巻のMVPは前田・利家の「嘘だーーーーー!」だと思う。他にも活躍してるキャラはいるんだけどね。そ…続きを読む
時槻風乃と黒い童話の夜 (メディアワークス文庫)
大分前に書店で見つけ購入。甲田さんの作品はMissing、断章のグリム、夜魔、ノロワレと読んできてい…続きを読む
ログイン新規登録(無料)