蜜蜂と遠雷のみずきさんの感想

人生で2冊目の2段になってる長編だったのだけれども、あっという間に読み切ってしまった。長いようで短かったコンクールを体感した。ただ、あとがきは無いかなとパッと開いた最後のページに結果がネタバレ的に飛び込んできて笑った。それぞれの今後も気になるところだが、読んでいて心地よかった。全く知識はないもののピアノの生演奏を聴きたくなった。
★39 - コメント(0) - 1月10日

感想・レビュー投稿者

340冊/77212ページ/女性/17/小/中/高校生

みずきさんの最近の感想・レビュー

ミッキーマウスの憂鬱 (新潮文庫)
どこからどこまでがフィクション…?! と、バックステージにも夢が広がります。続きを読む
星の王子さま (新潮文庫)
童話の最高傑作。「いちばんだいじなものはめにみえない」続きを読む
コンビニ人間
作者はコンビニ店員を実際にやっているらしいが、さすがのリアリティー。主人公に自分を重ねているのか空想…続きを読む
ナナマル サンバツ (10) (カドカワコミックス・エース)
始まった!さて、どうなる?続きを読む
こころ (集英社文庫)
現代文で一部をやったので一冊丸ごと読みたいと思って買った。一度読むと自分の人生のあちらこちらに夏目漱…続きを読む
何様
『何者』を読んだのが結構前だったので、誰だっけ、となる人も多かった。もう少し早く読んだ方が良かったか…続きを読む
ログイン新規登録(無料)