蜜蜂と遠雷のゆきさんの感想

大好きです。ピアノコンクールのお話なのですが、始終音楽が鳴り響いていました。なんて贅沢な本なんでしょうか。競い合って、讃えあって・・。宇宙を感じる音楽ってどうい響き方なんだろうか、と想像するとどきどきしました。読み終わるのがもったいなかった。
★40 - コメント(0) - 1月10日

感想・レビュー投稿者

1746冊/541524ページ/女性/専門職

ゆきさんの最近の感想・レビュー

兵士とセックス――第二次世界大戦下のフランスで米兵は何をしたのか?
アメリカ兵士が思っているフランス女性の印象がひどすぎた。フランス女性に対する認識がありえないんですけ…続きを読む
七つの会議 (集英社文庫)
酷い話ですよね。たかがネジ一つ。されど!ネジの不良をめぐる会社ぐるみでの隠蔽ですよ・・・んもー!!!…続きを読む
「超」怖い話 怪牢 (竹書房ホラー文庫)
怖いというにはもう一つ。そこまでぶるりとはしなかったなー。続きを読む
コクーン
宗教毒され壊れる家族や、壊したひとのかぞく。続きを読む
ロバのサイン会
全部が動物視点で人間との関係を書いてます。かわいらしい。みんな、きっとこういう風にこちらを見ているん…続きを読む
乙女の本棚3 葉桜と魔笛 (立東舎)
姉と妹の思いのやりとり。絵がある事でなぜかとっても美しい世界に輝いています。いや、もちろん太宰さんな…続きを読む
ログイン新規登録(無料)