X’mas Stories: 一年でいちばん奇跡が起きる日のつぅさんの感想

クリスマスだから甘いロマンチックなお話し尽くしかな?と思いきや少し風変わりな物語が多かったです。でも胸がじんわり暖かくなるようなクリスマスやちょっぴり怖いクリスマスも楽しい。白河さんは初読みで読みやすくて優しいお話し。一番面白かったのはやはり伊坂さん。
★42 - コメント(0) - 1月10日

感想・レビュー投稿者

287冊/88102ページ/275レビュー/女性

つぅさんの最近の感想・レビュー

汚れた赤を恋と呼ぶんだ (新潮文庫nex)
現実世界では人格の一部を引きぬく魔女の噂が。少し過去に戻って捨てた側の七草君の物語。私は階段島の七草…続きを読む
その白さえ嘘だとしても (新潮文庫nex)
今回は佐々岡君と委員長視点。階段島の人たちは捨てられた人格だけれど、決して自分を嫌いにならない、プラ…続きを読む
いなくなれ、群青 (新潮文庫nex)
シリーズ4巻積読しているのにプロローグを読んだとき、あ、ダメかも…と思いました。比…続きを読む
夜行
怖いとも不思議とも言い難くて、一言で表すのが難しい。私の中では、子どもの頃過ごした一軒家に、一人でい…続きを読む
このセカイで私だけが歌ってる (電撃文庫)
ゾンビと人間が入り混じる世界でゾンビハンターとして旅をする主人公たち。街を転々とするからか一つのスト…続きを読む
終わりのセラフ7 一瀬グレン、16歳の破滅 (講談社ラノベ文庫)
グレンがとんでもないものを背負ってる・・・かなり衝撃的でした。この巻を読んでアニメ・漫画読み返すと泣…続きを読む
ログイン新規登録(無料)