殺人犯はそこにいるのけーたんさんの感想

書店でカバーが気になって購入。これはすごい。事件を追って追って、その中身に驚愕したり憤慨したり呆れたり感極まったりと、とにかく真実と事実の違いに感情が揺さぶられる。命よりも重要視される権威とは、なんて悲しくて無駄なんだろう。警察、検察、裁判所、DNA検査への信頼とはなんだろう。著者の粘りと真実へのこだわりに敬服。桶川事件もぜひ読みたいと思う。
★31 - コメント(0) - 1月10日

感想・レビュー投稿者

501冊/149989ページ/女性

けーたんさんの最近の感想・レビュー

本日は、お日柄もよく (徳間文庫)
政治に関する説明文が長く、部分部分で目が滑ってしまったけれど、スピーチライターという職業に目新しさを…続きを読む
月の上の観覧車 (新潮文庫)
おじいちゃん魔術師と、父娘のチョコミントでかなりグッと来た。他作も、短時間に読むのにちょうど良かった…続きを読む
本音がわかる心理学
割りと既知のものが多く、私にとっては定価を出してまで購入する必要はなかった。目新しくはないけれど、復…続きを読む
悪いものが、来ませんように (角川文庫)
途中のネタばらし箇所で「んん?あーーー!」と軽くパニックになるほど、全然気付かなかったです。洞察力が…続きを読む
桶川ストーカー殺人事件―遺言 (新潮文庫)
内容のすさまじさに、読む手が止まらなかった。文庫Xでも著者の本を拝読したけれど、読ませる力がとても強…続きを読む
殺人者はいかに誕生したか: 「十大凶悪事件」を獄中対話で読み解く (新潮文庫)
いつからか、私自身、裁判は罪の有無だけにとらわれていたように思う。再発防止の点については二の次になっ…続きを読む
ログイン新規登録(無料)