蜜蜂と遠雷のbubuntyoさんの感想

まず読む前にしびれましたね、二段組み!新年を飾るにふさわしい小説でした。ところで小説家って取材をもとにこんなに音楽のことを書けるんでしょうか?よほどピアノに詳しい人でもなかなかここまで音楽を語れないと思うのですが・・・ホントすごいですね
★32 - コメント(0) - 1月10日

感想・レビュー投稿者

770冊/250548ページ/女性

bubuntyoさんの最近の感想・レビュー

村上海賊の娘 下巻
下巻後半から俄然面白くなりました。続きを読む
悲嘆の門(上)
さすがですね!ついうっかり読み始めたら止まらなくなってしまいました。忙しいのに・・・もうこうなったら…続きを読む
朝が来る
思いがけず泣いてしまいました。自分でもびっくり。人を信じるってすばらしいですね。続きを読む
アイネクライネナハトムジーク
もう本当にご機嫌で愉快なお話でした。こういう伊坂さんが好きなんです!出てくる大人たちがとっても素敵な…続きを読む
闇に香る嘘
初め読むうち中国人に対しての偏見みたいなものを感じて嫌な気がしたのですが、読むのをやめないで良かった…続きを読む
昨夜のカレー、明日のパン
最初のページに登場人物の名前がギフと来た時点でもう好きな話に間違いないという感じですね。その通り、好…続きを読む
ログイン新規登録(無料)