霊感少女は箱の中のヤギ郎さんの感想

怖い。こういうのをホラー小説というのだろうか。大筋はそれほど複雑なものではなく、オカルトを織り交ぜながら物語が進んでゆく。「ロザリアサークル」の中心人物である守山真央は、いっけんして作中の事件解決役のように見えるけど、霊感が強くことから、直接的な事件解決を行わない。「事件が起こる→解決する」というプロットとしては、変わった扱いになっているといえる。今後「ロザリアサークル」の面々について詳しく語られるだろうか。特に鹿島芙美と霧江那琴についてもっと知りたい。二人のイラストがかわいいので。
★24 - コメント(0) - 1月10日

感想・レビュー投稿者

500冊/153685ページ/大学生・院生

ヤギ郎さんの最近の感想・レビュー

天使の3P!×3 (電撃文庫)
書き出しが・・・うむ、なるほど、勉強になる。このシリーズを読み進めていて、最近思うのは、キャラ名が読…続きを読む
天使の3P!×4 (電撃文庫)
ちょっと待って、口絵と本文の内容合ってないよね。桜花ちゃんの話ほとんどなかったよね!前回で仲良くなっ…続きを読む
天使の3P!×2 (電撃文庫)
うん「小学生は最高だぜ」。ことあるごとに主人公の妹・貫井くるみと主人公の同級生・鳥海桜花の口から「ロ…続きを読む
暗号解読〈上〉 (新潮文庫)
暗号を無線でモース信号といった通信技術とともに紹介している。上巻は古代からエニグマの解読(第二次世界…続きを読む
Missing2 呪いの物語 (電撃文庫)
甲田学人による怪奇小説。今回は木戸野亜紀の話。1巻のように、不思議を解き明かしていくドキドキ感はない…続きを読む
天使の3P! (電撃文庫 あ 28-11)
美少女が読みたいなーと思ってブックオフで買った一冊。同著者の『ロウきゅーぶ!』を何冊か読んでいたので…続きを読む
ログイン新規登録(無料)