霊感少女は箱の中のヤギ郎さんの感想

怖い。こういうのをホラー小説というのだろうか。大筋はそれほど複雑なものではなく、オカルトを織り交ぜながら物語が進んでゆく。「ロザリアサークル」の中心人物である守山真央は、いっけんして作中の事件解決役のように見えるけど、霊感が強くことから、直接的な事件解決を行わない。「事件が起こる→解決する」というプロットとしては、変わった扱いになっているといえる。今後「ロザリアサークル」の面々について詳しく語られるだろうか。特に鹿島芙美と霧江那琴についてもっと知りたい。二人のイラストがかわいいので。
★19 - コメント(0) - 1月10日

感想・レビュー投稿者

470冊/144634ページ/大学生・院生

ヤギ郎さんの最近の感想・レビュー

エロマンガ先生(8) 和泉マサムネの休日 (電撃文庫)
表紙から察するに、和泉兄妹たちの過去についての巻。前半部分は余興というか、テキトウな話になっているも…続きを読む
まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)
途中でつまらなくなって、一度置いてしまった本。まるで世の中から捨てられたような二人の男が、それぞれの…続きを読む
緋弾のアリアXXIV 狂逸の同窓会 (MF文庫J)
シリーズ第二十四弾。『緋弾のアリア』は二十四冊もあるんですね。すごいです。今回の舞台はイタリア。イタ…続きを読む
エシュロン―アメリカの世界支配と情報戦略 (角川oneテーマ21)
内容が古いことに注意。アメリカが同時多発テロ前後に用いていた諜報システムについて述べている。諜報、防…続きを読む
理由(わけ)あって冬に出る (創元推理文庫)
シリーズ第一弾。高校生のコミカルライフを描きつつ、謎解きを行うミステリー小説。表紙の女の子、秋野麻衣…続きを読む
君を愛したひとりの僕へ (ハヤカワ文庫 JA オ 12-2)
二冊で一つの物語を成している。ぜひ同著『僕が愛したすべての君へ』を読んで欲しい。本作は姉妹巻と比べて…続きを読む
ログイン新規登録(無料)