羊と鋼の森のゆぅいちゃんさんの感想

気がつくと、羊と鋼の森の奥深くに入りこんでいる。予告なしに。呼吸をしたり水を飲むような自然さで...調律の世界とは無縁な場所で暮らしているのに「私」の日々のどこかと、しっかり繋がっているように感じる...物事に対峙する時に大切な、普遍的な姿勢がみずみずしく描かれているから。調律との出会いが本当に美しく(ファンタジーと知りつつ、いつかそんな仕事に巡り会いたい夢見てしまう)そして、その美しさが最後まで続き、素晴らしい読後感で幸せいっぱいです。新しい本ではありませんが今年の一番になりそうです。
★35 - コメント(0) - 1月10日

感想・レビュー投稿者

35冊/8567ページ/31レビュー/女性

ゆぅいちゃんさんの最近の感想・レビュー

村上春樹全作品 1990~2000 第7巻 約束された場所で 村上春樹、河合隼雄に会いにいく
うち、「村上春樹、河合隼雄に会いにいく」のみ。 面白い!!村上春樹がどのように考えて「小説家」という…続きを読む
茨木のり子の家
茨木のり子という人の ポートレートを初めて「たくさん」見た。 ...愛煙家だったのには意外。 谷川俊…続きを読む
世界から猫が消えたなら (小学館文庫)
猫を飼いだしてから猫の本が気になる。映画化されたこともあって手に取る。 猫については「こんな猫もい…続きを読む
終わった人
終わった人...なるほど。 ひどい表現ではある。 40代の女性である私にはピンとこない部分もあるけ…続きを読む
([お]5-1)食堂かたつむり (ポプラ文庫)
プロの料理人の道を歩き始めた倫子のお話。母親、祖母とのエピソードが交錯する。25歳の倫子は声を失って…続きを読む
わかりあえないことから──コミュニケーション能力とは何か (講談社現代新書)
実は同じことを高校生の時にみどりさんと話し合った。 人と人はわかりあえない。その孤独を抱え続けて人は…続きを読む
ログイン新規登録(無料)