蜜蜂と遠雷の豆大福さんの感想

本の厚さと二段組みに腰が引けたけど、長さを感じさせない面白さだった。普段、クラッシックとは無縁の生活をしているけど、ドップリとピアノの世界に浸れた。コンテスタントの中でも高島明石さんが印象に残る。
★36 - コメント(0) - 1月9日

感想・レビュー投稿者

365冊/132983ページ/女性/47

豆大福さんの最近の感想・レビュー

世界の果てのこどもたち
戦争の一番の被害者は、こども達だと思う。国が違うこどもがそれぞれの戦後を生き抜いていく。終わり方が良…続きを読む
上流階級 富久丸百貨店外商部II
静緒と桝家との関係がなかなか良い。桝家が可愛い。四季子様もかっこよくて、堂上さんとの絡みも面白かった…続きを読む
みかづき
次の展開が気になって夢中になって読んだ。塾と学校教育の歴史を大島家を通して見たようだった。続きを読む
GOSICK ―ゴシック― (角川文庫)
最初は、正直ハズレかなと思ったけど、どんどんヴィクトリカと一弥のキャラクターに引き込まれた。人気のシ…続きを読む
万能鑑定士Qの事件簿 I (角川文庫)
どのような経緯で万能鑑定士になったかまで細かく書かれているとは思わなかった。謎もまだ解けていないし、…続きを読む
白銀ジャック (実業之日本社文庫)
一応、最後まで止まらずに読んだが、いまひとつ。犯人と動機が意外だった。続きを読む
ログイン新規登録(無料)