そして生活はつづくの若紫さんの感想

幼少期から下積み時代のエッセイ。周りに合わせられなくてとても窮屈で何かしら違和感を感じながら生きてきたのではないかな、と想像する。私は著者ほどではないけど、ところどころで心から共感した部分があった。ささいなことだけど、「3人で歩いていて1人と2人になってしまったら自分は必ず1人の方だ」とか。不器用ゆえに浮いてしまう様とか、ちょっと切なくて胸が苦しくなった。一人をそれなりに楽しんでいたその頃と、人気絶頂でみんなから愛されている今と、どちらが生きやすいだろうか、ご本人に聞いてみたい。
★52 - コメント(0) - 1月10日

感想・レビュー投稿者

174冊/58130ページ/女性

若紫さんの最近の感想・レビュー

思考の整理学 (ちくま文庫)
まずこれは初版1986年、それから20年以上に渡って版を重ねている。(図書館から借りたのは2009年…続きを読む
ナラタージュ
高校教師と教え子の恋。と書いてしまうとありきたりだな。これを主人公の泉と同年代か20代で読んでいたら…続きを読む
ハリネズミの願い
とても臆病で気を使いすぎるハリネズミに最初は共感したが、とにかくハリネズミの被害妄想の描写が長くて、…続きを読む
僕らのご飯は明日で待ってる
カップルの女の子の方にちょっとした試練が訪れるのだけど、その試練が起きれば、二人には人生においてもっ…続きを読む
働く男 (文春文庫)
「書く男」「歌う男」「演じる男」からなる「働く男」。雑誌に掲載していた映画の書評を中心に、(分量が足…続きを読む
蘇える変態
病気をする前から後にかけてのエッセイ。真剣に日々くだらなさを謳歌している。とてもステキだ。逃げ恥から…続きを読む
ログイン新規登録(無料)