きみといたい、朽ち果てるまで ~絶望の街イタギリにてのハイヴさんの感想

自分と主人公の生き方があった。ただ死にたくない。でも、最後はやっぱり1人は寂しいなと感じさせられた。
★9 - コメント(0) - 1月10日

感想・レビュー投稿者

1756冊/548604ページ/女性/21

ハイヴさんの最近の感想・レビュー

幻想と文学 (KEY LIBRARY)
幻想とは悲しみをはらんでいるからこそ美しい。幻覚も幻聴も話になるならいいものですね。続きを読む
皮膚: 文学史・身体イメージ・境界のディスクール
皮膚は人にとって最も表面的なもの。だからこそ人は皮膚と皮膚の触れ合いを重視する。 そこでの情報伝達。…続きを読む
シェイクスピア・アンド・カンパニイ書店 (1974年)
シェイクスピアをめぐる論争。そして、最後はちゃんと彼の作品を提示しようという試み。続きを読む
演技でいいから友達でいて―僕が学んだ舞台の達人 (幻冬舎文庫)
不思議ちゃんなのかなと、思う台詞もあらるが、非常に実践的な人なのだなと思った。続きを読む
天才と異才の日本科学史: 開国からノーベル賞まで、150年の軌跡
天才は知りたがる。そして、立ち向かう。他人から逃げない。自分からも逃げない。自分にしかできないことが…続きを読む
私の幸福論 (ちくま文庫)
幸福には絶対なんてつかないんだろうな。続きを読む
ログイン新規登録(無料)