そして生活はつづくのHaruka Fukuharaさんの感想

星野源に対する私の評価は二転三転している。 まず、最初に歌声を聴いたとき。正直大したことないと思った。昭和レトロで今風じゃないし、どこがいいのかわからない、と。語り出すと長いので省くが、まあ歌については結構耳に残るというか、気付いたら口ずさんでいたり、結構好きになった。 さて、文章の方だが、これはなかなか面白い。理屈をこねくり回すでもなく大したことを語っているわけでもなく、得るものはおそらく何もないが、幸せに時間を費やすことが出来るタイプの文章だ。ちゃらんぽらんなような計算されたような天性のような。文才。
★34 - コメント(0) - 1月10日

感想・レビュー投稿者

343冊/93327ページ

Haruka Fukuharaさんの最近の感想・レビュー

かたり―物語の文法 (ちくま学芸文庫)
単行本にて。ことばにこだわった哲学。もう一つ借りた本よりも読みやすかったけど、理解しようとするとなか…続きを読む
寺田寅彦 (ちくま日本文学 34)
最初の随筆がすごく哀しくて印象深かった。奥様2回亡くして都合3人と結婚しているらしい。本人も病気がち…続きを読む
(011)わたしが正義について語るなら (ポプラ新書)
長生きも悪くないのかなと思えた。続きを読む
坂の上の坂
いいことと妙なことを並列で提示してくる本というのは困ったもの。例えばフランス社会は今日本よりよほど大…続きを読む
見果てぬ日本: 司馬遼太郎・小津安二郎・小松左京の挑戦
うーん。文字の羅列としか思えなかった。これが今の時代の評論なのか。続きを読む
できる翻訳者になるために プロフェッショナル4人が本気で教える 翻訳のレッスン (講談社パワー・イングリッシュ)
翻訳に必要なのは慎重さと大胆さという感じだった。翻訳という営為が一通り俯瞰できる感じで興味深かった。…続きを読む
ログイン新規登録(無料)