そして生活はつづくのHaruka Fukuharaさんの感想

星野源に対する私の評価は二転三転している。 まず、最初に歌声を聴いたとき。正直大したことないと思った。昭和レトロで今風じゃないし、どこがいいのかわからない、と。語り出すと長いので省くが、まあ歌については結構耳に残るというか、気付いたら口ずさんでいたり、結構好きになった。 さて、文章の方だが、これはなかなか面白い。理屈をこねくり回すでもなく大したことを語っているわけでもなく、得るものはおそらく何もないが、幸せに時間を費やすことが出来るタイプの文章だ。ちゃらんぽらんなような計算されたような天性のような。文才。
★27 - コメント(0) - 1月10日

感想・レビュー投稿者

31冊/8590ページ

Haruka Fukuharaさんの最近の感想・レビュー

編集者魂―私の出会った芥川賞・直木賞作家たち (集英社文庫)
いい本でした。立原正秋のファンなのでそこを中心に読みましたが、ほかの作家さんのエピソードも血肉が通っ…続きを読む
アメリカの20世紀〈上〉1890年~1945年 (中公新書)
とても面白かった。アメリカという国への理解はまだまだだけど、それでも何となく輪郭はわかってきたような…続きを読む
(6)中原中也 (日本語を味わう名詩入門)
昔読んだ。詩というものにはあまり縁がなかったが、不思議と中也には惹かれるものがある。この前鮮烈な衝撃…続きを読む
天地明察(上) (角川文庫)
昔読んだ。面白かった。漫画もあったはず。暦を作る事業に悪戦苦闘する算術好きの青年の話だったかな。また…続きを読む
アメリカの論理 (新潮新書)
面白かった。以前読んだ本のはずだが、そのときの記憶はほぼなく新鮮な気持ちで手に取った。アメリカの論理…続きを読む
地政学で世界を読む―21世紀のユーラシア覇権ゲーム (日経ビジネス人文庫)
前に読んで色々な意味で衝撃を受けた。一番大きい衝撃はアジアに関する欧米知識人の無教養ぶり。世界全体を…続きを読む
ログイン新規登録(無料)