本日は、お日柄もよくのあっきいさんの感想

スピーチライターというお仕事とその存在を描いた本作は、程よい感動と心地好さで溢れていて楽しく読了。女子が好きそうな甘~い展開があるのもお約束。ただ、読んでいるとどうしてもリアルな自民党と民進党、政治家がチラチラと浮かんでしまい思わず苦笑いしてしまうのは私だけ? 何はともあれ、TVドラマも少しだけ期待して観てみたい。
★29 - コメント(0) - 1月10日

感想・レビュー投稿者

390冊/133203ページ/男性/45/サービス業

あっきいさんの最近の感想・レビュー

あきない世傳 金と銀〈3〉奔流篇 (時代小説文庫)
惣次と幸の夫婦関係にホッとしながら読み進めるも、髙田郁の作品がそんなに柔なはずはないとずっと疑心暗鬼…続きを読む
幻庵 下
才能溢れる若者が次々と現れ、師匠である家元を越えていく。上巻に増してスピード感に溢れる下巻。本因坊丈…続きを読む
幻庵 上
囲碁のルールや歴史を何も知らない私でも楽しめる囲碁小説。そこは生きるか死ぬかの武士道にも通じる厳しさ…続きを読む
太陽の棘(とげ)
戦後沖縄を舞台に軍医エドとニシムイ美術村の芸術家との友情が描かれる。当時の時代背景を考えると彼らの築…続きを読む
たまちゃんのおつかい便
日だまりの温かみのような雰囲気に満ちた作品。正直、出来すぎた物語ではあるけれど、親はもちろん皆から「…続きを読む
サバイバルファミリー
突然電気が存在しない世界とそこでサバイバルを強いられる家族が描かれる。現代社会への警鐘と人間の弱さ強…続きを読む
ログイン新規登録(無料)