本日は、お日柄もよくのあっきいさんの感想

スピーチライターというお仕事とその存在を描いた本作は、程よい感動と心地好さで溢れていて楽しく読了。女子が好きそうな甘~い展開があるのもお約束。ただ、読んでいるとどうしてもリアルな自民党と民進党、政治家がチラチラと浮かんでしまい思わず苦笑いしてしまうのは私だけ? 何はともあれ、TVドラマも少しだけ期待して観てみたい。
★24 - コメント(0) - 1月10日

感想・レビュー投稿者

379冊/129345ページ/男性/45/サービス業

あっきいさんの最近の感想・レビュー

また次の春へ (文春文庫)
大切な人や家を失った悲しみと絶望。そんなシビアな現実を前にしても、人は、残された家族はそれでも前を向…続きを読む
大前研一 日本の論点2017-18
大前氏がプレジデント誌で連載の「日本のカラクリ」から抽出、加筆された本書。トランプ米大統領誕生を前提…続きを読む
遠い唇
謎解きショート作品が7編。ほっこり系が多く、あっという間に一冊読めちゃいました。個人的には「遠い唇」…続きを読む
マチネの終わりに
こんなにも大人の哀しくも美しい恋愛、してみたいですね。でも、庶民で小市民の自分には逆立ちしても無理だ…続きを読む
カエルの楽園
カエルの寓話に込められた猛烈な風刺。老害とか理想主義という言葉が何度も浮かぶ。中身の濃さに反してサラ…続きを読む
13階段 (講談社文庫)
死刑制度、死刑執行の流れ、刑務官や保護司の仕事など知らないことだらけで興味深く読了。ミステリーとして…続きを読む
ログイン新規登録(無料)