また、同じ夢を見ていたのすずかさんの感想

深いお話でした。生きていると ときに頑なになったり、相手を許せなかったりすることもあるけど、時間は元には戻せないから、本当にこれでいいのか?あとで後悔しないか?考えていきていかなきゃいけないですね。幸せとはなにか‥難しい‥もしかしたら一生かけて考えていく課題なのかも‥。しあわせは〜歩いてこない〜 私もこの歌好きです!
★57 - コメント(0) - 1月10日

感想・レビュー投稿者

111冊/29616ページ/102レビュー/女性/21/その他

すずかさんの最近の感想・レビュー

あひる
この物語の結末は書いていないので、後は想像するしかありません。穏やかな日常なんですが、その中に一文、…続きを読む
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 (文春文庫)
人生の歴史は蓋はできても消せない。 どうして自分はグループからハブかれたんだろう?という疑問と向き合…続きを読む
星のかけら (新潮文庫)
持っているとツライことも苦しいことも耐えられるという「星のかけら」を通して交通事故で亡くなった小学生…続きを読む
明日の記憶 (光文社文庫)
若年性アルツハイマー。日常の会話や身体に違和感を感じるところから始まり、徐々に記憶を失い人格まで変わ…続きを読む
とりつくしま (ちくま文庫)
最初の1ページ目から涙が出ました。外で読んではいけない本ですね。心残りを抱えて死んでいった主人公が物…続きを読む
まく子 (福音館の単行本)
小学5年生 身体も気持ちもどんどん変化していき、大人になることに対して恐怖感を抱いていた「僕」。ある…続きを読む
ログイン新規登録(無料)