殺人犯はそこにいるのじいじさんの感想

 度肝を抜くタイトルだ。〈真実〉だけを追い求める記者魂が敢然と警察・検察の厚い壁に立ち向かうノンフィクションは凄いインパクトです。忘れかけていた幼女連続誘拐殺人事件が鮮明に蘇ってきた。唯一解決したと思われた「足利事件」に冤罪の疑惑が…。「なぜ、パチンコ屋などに娘を連れて行ったんだ…」と非難を浴びる遺族。著者と遺族母子が渡良瀬川河畔の現場に立つシーンは、涙がこみ上げてきて読むのが辛かった。「冤罪と真犯人の野放しは表裏一体だ」の一文が重く伸し掛かってくる…。小説では味わえない重い緊張感で読み終えた。
★154 - コメント(4) - 1月10日
かんこ
「桶川ストーカー事件」も清水さんの働きで事件が解決に導かれたのでしたね?清水さんの後に続く人がもっと沢山出てきてくれたら、と思います。これがフィクションではないゆえに、私はまだ読めないでいます。読後感の重さに耐えられそうになくて。。。
★3 - 01/10 22:42

じいじ
かんこさん、同感です。信念を持ったジャーナリストだと思います。ぜひ、頑張って読んでみてください。
★3 - 01/11 05:04

うらくら*♡
じいじさん★☆こんにちは!流石のレビューです!!ホント私もあの河原の場面は泣いてしまいました。辛いですよね(><)冤罪と真犯人の野放しは表裏一体だと思います!これからも正義で世の中を導いて欲しいです。
★4 - 01/11 11:29

じいじ
うらくらさん、コメントありがとうございました。ノンフィクションだけに胸にぐさりと刺さります。いまだに重い余韻が残っています。彼のような正義感に燃えるジャーナリストがもっと出てくることを願いたいです。
★4 - 01/11 12:30


感想・レビュー投稿者

692冊/215860ページ/男性

じいじさんの最近の感想・レビュー

罪花 (文春文庫)
 全体を漂う空気は、重く、昏く、怖い、そして切ない…6つの短篇。途中、辛さから逃れたい…続きを読む
今日の空の色 (幻冬舎文庫)
「夕暮れの空を眺めながら何度も幸せだなぁ!と思った」の一文が心に残った。小川糸の初エッセイは、気取ら…続きを読む
おちゃっぴい―江戸前浮世気質 (文春文庫)
 江戸下町の人情話六話は面白い。笑って、ほんのり泣かされます。どれも愉しめますが、表題にする自信作な…続きを読む
#9(ナンバーナイン) (宝島社文庫)
  都市開発に揺れる上海を舞台にした、シンデレラ・ラブ小説は、ストーリーが波乱含みで面白い。願わくば…続きを読む
うちのパパが言うことには (角川文庫)
 とても気持ちがホッコリする読了感です。優しさのこもった暖かい文章で、懐かしい想い出が甦ってきました…続きを読む
鳥辺野(とりべの)心中
 花房観音の作品を官能小説の一言で括るのには不本意である。花房小説の面白さはストーリーにあると思って…続きを読む
ログイン新規登録(無料)