エロマンガ先生 和泉マサムネの休日 8巻のtenkaさんの感想

前半は微妙、後半で持ち直した。序盤は、今までの続きで話が進む。中盤はマサムネとヒロイン達の思い出回想。終盤は、主人公が小説を書き始めたきっかけの話。特に最後の話で一気に話を動かしにきた感じがした。巻数が増えるごとに少しずつ面白さが弱くなっている気がしていたが最後の展開でまた次の巻が楽しみになった。個人評価は、前半が5後半が7のためこの巻の評価は6。
★5 - コメント(0) - 1月10日

感想・レビュー投稿者

256冊/81877ページ/男性

tenkaさんの最近の感想・レビュー

ほま高登山部ダイアリー (ガガガ文庫)
面白かった。高校生になった主人公が中学の頃から好きだったヒロインに告白をするも勘違いされた結果、ヒロ…続きを読む
プロデュース・オンライン 棒声優はネトゲで変わりたい。 (ファンタジア文庫)
合わなかった。設定は面白いと思ったが内容が伴っていなかったように感じた。読んでいてストーリーに引き込…続きを読む
りゅうおうのおしごと! 5 小冊子付き限定版 (GA文庫)
面白かった。本編については、序盤の入りがやや弱かったがそれ以降は、中盤に大きな盛り上がりがあり終盤に…続きを読む
魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい? 1 (HJ文庫)
面白かった。内容はタイトルそのまま。ストーリー展開のテンポがよく物語がどんどん進むのでとても読みやす…続きを読む
86―エイティシックス― (電撃文庫)
作品としてはよかったが内容は楽しめなかった。作品の世界設定、文章から伝わってくる空気感、伏線など作品…続きを読む
リンドウにさよならを (ファミ通文庫)
面白かった。主人公が幽霊でその主人公を唯一見ることができるヒロインというのはよくある設定だがそこに青…続きを読む
ログイン新規登録(無料)