iのarisa-to suzuneさんの感想

「この世界にアイは存在しません。」の言葉にアイは衝撃を受ける。アイはシリアで生まれすぐにアメリカ人の父と日本人の母の養子に。裕福な一家で育ちアイは負い目を感じ、自分だけ何故助かったのだろう?他の子の権利を奪ったのかも知れないと悩み続ける。そして冒頭での言葉も胸にささったまま。一方で両親から愛され心許せる友達もでき成長していく。それでも世界で起こる悲惨な出来事、死者の数を耳にする度、自分に問う、悩むアイ。アイの目や心を通して様々な事にぶつかり考えさせられた。最後アイが自分を肯定する叫ぶ描写は涙が出た。
★61 - コメント(1) - 1月10日
arisa-to suzune
自分を肯定する難しさと、難しいと思ってもいいんだという気持ち、そして自分を肯定してもいいのかも知れないという気持ちになり読んで良かったと思う。
★3 - 01/10 21:25


感想・レビュー投稿者

120冊/35981ページ/110レビュー/女性

arisa-to suzuneさんの最近の感想・レビュー

うつくしい人 (幻冬舎文庫)
人間くさい。主人公は人の目を気にし、姉と比べ、色々な事から自分の居場所を作ることを学ぶが、それに納得…続きを読む
海 (新潮文庫)
素敵な短編集でした。心温まる感じと不思議な世界が織り交ざっていました。ほのぼのしすぎず、決して押し付…続きを読む
りかさん (新潮文庫)
心が温まりました。主人公は祖母に「リカちゃん」が欲しいと伝える。祖母は黒髪の市松人形の「りかさん」を…続きを読む
蜜蜂と遠雷
素敵な物語でした。第6回芳ヶ江国際ピアノコンクールのエントリーから始まる。読んでいて緊張する場面もあ…続きを読む
博士の愛した数式 (新潮文庫)
何度も読み返したくなる物語。記憶が80分しかもたない博士と家政婦とその息子(ルート君)の交流を描いて…続きを読む
砂の女 (新潮文庫)
最後まで砂だらけの独特な世界。男は砂穴の底にある、女の住む一軒家に閉じ込められる。脱出を試みるが失敗…続きを読む
ログイン新規登録(無料)