君の膵臓をたべたいのりょー@大学生さんの感想

帯通り、圧倒的の一言。デビュー作にしてこのクオリティに驚きを隠せません。ラストの日記のシーンでは、涙との闘いでした。生きることの意味、選択の連続。互いの気持ちが通じ会えた時にはもうその人には会えない。君の膵臓を食べたいの本当の意味にたどり着いた時には涙腺が崩壊していました。
★33 - コメント(0) - 1月10日

感想・レビュー投稿者

50冊/14944ページ/男性/20/大学生・院生

りょー@大学生さんの最近の感想・レビュー

よるのばけもの
中学時代のずるい自分を思い出した、続きを読む
鋼のメンタル (新潮新書)
よく炎上する筆者のものの考え方が面白かった続きを読む
大世界史 現代を生きぬく最強の教科書 (文春新書)
クセが強い本。笑 歴史に学ぶことについて考え直す必要があると思った。続きを読む
家康、江戸を建てる
まさに現代日本の東京の原点。今の東京は家康の関東国替えにより生まれたと思わされる作品だった。続きを読む
ニュースがよくわかる教養としての日本近現代史
学校ではあまり教えてもらえない歴史の事実と現代の外交問題をわかりやすく解説していた。続きを読む
おとなの教養 私たちはどこから来て、どこへ行くのか? (NHK出版新書)
読みたかった一冊。教養とは何か、ずっと考えていたけど、それ以上のものを得られた。宗教や宇宙など今まで…続きを読む
ログイン新規登録(無料)