蜜蜂と遠雷のユメさんの感想

「皆さんに、カザマ・ジンをお贈りする」芳ヶ江国際ピアノコンクールに送りこまれた風間塵は、その演奏で聴衆を惹きつけただけでなく、他のコンテスタントたちの才能と共鳴し合い、次々とギフトボックスを開いていく。塵、マサル、亜夜、明石、それぞれのギフトが華のように咲いていく光景に陶然とした。私は楽器も吹くし、文章も書く。だが、同じ趣味でも、その二つは容易には結びつかないこともよく知っている。言葉で音を鳴らすことのどれほど困難なことか。音楽と人間を描き切ったこの物語の聴衆となれたことを幸福に思い、最大限の拍手を送る。
★86 - コメント(0) - 1月10日

感想・レビュー投稿者

627冊/192639ページ/女性/24/大学生・院生

ユメさんの最近の感想・レビュー

ハレーション・ゴースト (妖精作戦 PARTII) (創元SF文庫)
今回の主役は沖田玲郎。舞台は文化祭を目前に控えた星南学園。沖田も榊も真田も、月まで行くのも映画を撮る…続きを読む
ステーキを下町で (文春文庫)
平松洋子さんの文章と谷口ジローさんの画は最強のタッグだ。平松さんがたっぷりの思い入れを込めて書く食の…続きを読む
ゆきうさぎのお品書き 6時20分の肉じゃが (集英社オレンジ文庫)
生きていくために欠かせないことを、傷ついた心が拒絶してしまうことがある。食欲を失うというのはその最た…続きを読む
まもなく電車が出現します (創元推理文庫)
〈市立高校シリーズ〉第三弾。相変わらず葉山君の事件を呼ぶ体質は健在だ。伊神さんや柳瀬さんに振り回され…続きを読む
にんげん住所録 (文春文庫)
高峰秀子さんのことは、お名前ぐらいしか存じ上げないという状態で手に取った。よく知らない人のエッセイを…続きを読む
最後の晩ごはん ふるさととだし巻き卵 (角川文庫)
最後の砦であると思っていたふるさとに拒絶され、絶望の淵にいた海里が、「ばんめし屋」を営む夏神と出会っ…続きを読む
ログイン新規登録(無料)