蜜蜂と遠雷のこんぺいとうさんの感想

‪もうね、恩田陸さんお見事です。あの恍惚感がこうも言語化できるとは。舞台は、浜松国際あたりがモデルであろうピアノの国際コンクール。天賦の才能がありつつも悩み、慄き、進化していくコンテスタントたち。クラシックあるあるや、時にシニカルな批評に、そこまで語らせちゃうかとニンマリ。三次予選後は、もうお腹いっぱいで順位なんてどうでもいいと思うほど追体験させてくれる圧倒的な筆力。甘美でいて不条理な音楽の世界が絶妙な虚実のバランスで再構築されていて、読了後は心地よい疲労感。そうだった、そうだったよね。‬
★83 - コメント(0) - 1月10日

感想・レビュー投稿者

487冊/155299ページ/女性

こんぺいとうさんの最近の感想・レビュー

テンペスト 下 花風の巻
徐丁垓が登場しなくなったからか、読みやすくなって上巻よりも疾走感が増した。まさに波瀾万丈の真鶴の人生…続きを読む
テンペスト  上 若夏の巻
琉球を舞台にした「蒼穹の昴」といった趣。知と美を追求する王府で、艱難辛苦にあえぎながら性を偽り宦官と…続きを読む
キアズマ
サクリファイスシリーズ第4弾。今作はチカから離れ、スポーツ事故による重い過去を背負った正樹が主人公。…続きを読む
ONE PIECE 84 (ジャンプコミックス)
サンジの過去が悲しすぎる。そして何をされてもサンジを信じ抜くルフィに胸アツ。ラスト、プリンは何を決意…続きを読む
三谷幸喜のありふれた生活14 いくさ上手
‪三谷さんのエッセイを読むのはかなり久しぶりだが、ちょうど真田丸執筆当時の巻ということで手に取った。…続きを読む
ナイルパーチの女子会
一流大学を出て一流商社に勤め美貌も兼ね備えて栄利子と、がんばらない主婦ブログがウケて怠惰な生活を発信…続きを読む
ログイン新規登録(無料)