ちょっと今から仕事やめてくるのおたきたおさんの感想

さすがは電撃文庫、電撃の如く速攻で読めた。そして、唸らされた。うまいなぁ、そして、世の中捨てたもんじゃないなぁ、と。ふと我に返ると、シガラミを巻きつけていることに無自覚な自分を自覚してしまった。気づきを与えてくれた本著に感謝します。二カッと笑って、笑門来福。 苦しいのは自分だけではない。苦しいのは自分だけのせいではない。だから耐えろ、ではない。だから、一服してもいい。一休みしてもいい。頑張らなくていい。生きることと生活の糧を得ることを天秤にかけてはいけない。それが分からなくなった人への介入事例です。
★29 - コメント(0) - 1月9日

感想・レビュー投稿者

335冊/89565ページ/男性

おたきたおさんの最近の感想・レビュー

漂うままに島に着き
女性のIターンの増加については『島はぼくらと』に書かれていることとほぼ一致し、ミシマ社の三島社長が同…続きを読む
京都ぎらい (朝日新書)
私は生まれも育ちも山科で、高校生のとき河原町に行く時は「街に行ってくる」と言ってた。そういう辺縁にい…続きを読む
赤塚不二夫生誕80年企画 バカ田大学講義録なのだ!
講義者がそれぞれ言いたいことを言うスタイルの「講義録」。単なる「赤塚回顧録」になっていないのがよい。…続きを読む
まほろ駅前多田便利軒
四半世紀前、私はこの著書でいうところの「八王子線」沿線から「ハコキュー」に乗って通勤していました。な…続きを読む
島はぼくらと
『ツナグ』繋がりで。よくもまあこれだけ厚みのある人々を登場させておいて薄い本にまとめているなぁ、と純…続きを読む
長いお別れ
3人姉妹の父であり、校長を務めた男性が認知症と診断されてから看取るまでを、妻の立場や娘の視点から描か…続きを読む
ログイン新規登録(無料)