蜜蜂と遠雷のちえこさんの感想

ピアノのコンクールの一時審査からが時で書いてあるだけなのにまるで音が聞こえるようにすらすらと最後まで読めた。私もピアノが弾きたくなったが、つっかえて逆にストレスになるかもしれないのでそのうち又弾くとして、今は久々にクラッシックをBGMに感想を書いています(^ー^)
★172 - コメント(0) - 1月10日

感想・レビュー投稿者

235冊/77498ページ/女性/専門職

ちえこさんの最近の感想・レビュー

流れ行く者: 守り人短編集 (新潮文庫)
本の中の昔ジグロがバルサに教えた人を殺すときの心構えなど生活の一駒を短編にしたもの...。 後書きに…続きを読む
天と地の守り人〈第3部〉新ヨゴ皇国編 (新潮文庫)
精霊シリーズで、最初の守り人が一番好きだけどその次にこの巻がいいと思いました。 私の想像ではタンダは…続きを読む
天と地の守り人〈第2部〉カンバル王国編 (新潮文庫)
本文では益々大人になっていくチャグムの成長ぶりを楽しく読んだ。あとがきで3人の会話を読んでいて、私は…続きを読む
天と地の守り人〈第1部〉ロタ王国編 (新潮文庫)
いい意味でお節介と言うか...バルサはどうしても何かに関わってしまう。でもそれって現実の人間社会でも…続きを読む
神の守り人〈下〉帰還編 (新潮文庫)
小説を書く人は少なくとも一作品くらいは『神』をテーマに書いていて、作家個人それぞれの神に対する思想が…続きを読む
神の守り人〈上〉来訪編 (新潮文庫)
『精霊の守り人』のシリーズの中ではあまり好き...といった話ではないが、山好きの私は本を読んで散る間…続きを読む
ログイン新規登録(無料)