蜜蜂と遠雷の桜草さんの感想

新たな年の一冊目にこの本を読めて良かった。「ほんとうは昔は世界中が音楽で満ちていたのに」改めて周りを見回しその言葉を噛みしめました。そして限りなく広がる野原を音楽を通して想像させられました。登場人物全てが愛おしく、国際コンクールの話ですが最後の順位などは読め進むに連れて気にならなくなりました。才能ある人たちが互いに刺激しあって高みに登る。上手く表現出来なくてもどかしいですが素晴らしい作品でした。
★60 - コメント(0) - 1月10日

感想・レビュー投稿者

414冊/144232ページ

桜草さんの最近の感想・レビュー

リスボンへの夜行列車
読み終わって余韻に耽ると共にいい本に出会ったなぁとしみじみ嬉しくなりました。読書の楽しみ、奥深さを味…続きを読む
霜の降りる前に〈下〉 (創元推理文庫)
もしこの本をヴァランダーシリーズで初めて読んだとしたら遡って読みたいとは思わなかったに違いない。逆に…続きを読む
霜の降りる前に〈上〉 (創元推理文庫)
ヴァランダーシリーズ最新刊。一作目を読んでスウェーデンミステリーの面白さと鬱々とした雰囲気にひかれ、…続きを読む
校閲ガール (角川文庫)
ドラマが面白くてもっと見たいなあと思って原作を読みました。設定が違っていますが違和感なく、テレビドラ…続きを読む
星を継ぐもの (創元SF文庫)
読むのに少し時間がかかってしまいましたがとても面白かったです。読み終わって頭の中がぼーとしてしまいま…続きを読む
生か、死か (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
面白くて一気読みでした。キャラクター、ストーリーすべて良かったです。久しぶりに面白いミステリーを読ん…続きを読む
ログイン新規登録(無料)