iのあかいのさんの感想

主人公・アイはシリア出身の養子。聡明でチャーミングな両親に育まれながらも世界中の悲しいニュースに胸を痛め続ける。裕福な家庭に選ばれたアイ。どうしてわたしだけが。どうして。テロや災害、事故で奪われていく命。出自故の繊細さがアイの生きづらさを加速させてゆく。親友や伴侶、両親との邂逅、大震災を経て初めて発した内なる声。海という羊水に包まれ、その繊細さが故の豊かな母性を瞬かせるアイ。人は孤独だけれど誰しも愛の結晶なんだとこの世の暴力その全てに拳を突き上げるような西加奈子節。素晴らしい。
★31 - コメント(4) - 1月10日
ひろ20
おはようございます。装丁も素敵だし、最後の「素晴らしい」の言葉に読んでみたいなと思いました。
- 01/11 06:09

あかいの
おはようございます。確か西加奈子さん本人が描いたはずです。
★1 - 01/11 09:03

ひろ20
えっ!ほんとですか? 小説も絵も描くなんて驚きました。
- 01/11 12:03

あかいの
とても素敵な絵ですよね。なんだろう、西加奈子さんの作品は絵本のような読後感あるんだよなぁ。
★1 - 01/11 12:09


感想・レビュー投稿者

28冊/8001ページ/26レビュー/男性

あかいのさんの最近の感想・レビュー

星に願いを、いつでも夢を
ドラゴンが描こうとする人間たちはみなめくれてる。何かが圧倒的にめくれてる。マッド・マックスのように暴…続きを読む
ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。
哲学者・ニーチェが今の京都に現れて女子高生・アリサに多角的なエクスキューズを与えていく不思議な物語。…続きを読む
地下の鳩 (文春文庫)
うだつのあがらないキャバレーのボーイと人に流されてきた愛嬌だけが売りのチーママ、そしてできるオカマの…続きを読む
通天閣 (ちくま文庫)
大阪のど真ん中にそびえる通天閣。そのふもとの下町で暮らす冴えない男と女。2人の溺れるような、デラシネ…続きを読む
空気を読んではいけない
青木真也は常に異質だ。観る側、演る側の色に一切染まらず、妖刀のような鈍い光を放ち続けている。つまり個…続きを読む
コンビニ人間
主人公・古倉恵子はまるで裸のまま大人になったような人間。現代社会における常識というドレスコードを纏わ…続きを読む
ログイン新規登録(無料)