悪意のmooさんの感想

moo
加賀恭一郎シリーズ再読中。犯人はこの人だろうと推測はできたけれど、そこからが面白かった。一度は納得できた動機だったけれど、そこからが読んでいてドキドキ。これは確かに悪意だ。一方的にこんな悪意をぶつけられたらどうしたらいいんだろう。加賀が教職を辞めた理由も明らかになった。この体験はきついなあ。
★53 - コメント(0) - 1月10日

感想・レビュー投稿者

moo
2115冊/678944ページ/1372レビュー/女性

mooさんの最近の感想・レビュー

上流階級 富久丸(ふくまる)百貨店外商部
百貨店の外商部なんてまるで縁がないので、そのお仕事の範囲の広さにビックリ。そして求められる知識の多さ…続きを読む
気まぐれ食堂 神様がくれた休日
初読みの作家さん。怪我をしたことで職を失い恋人を失って、瀬戸内の小島に休暇としてやって来た実果。実果…続きを読む
本所おけら長屋(七) (PHP文芸文庫)
シリーズ7作目。今回読み終わって再度決めたのは、「本所おけら長屋」は絶対に家でしか読まないということ…続きを読む
東京すみっこごはん 雷親父とオムライス (光文社文庫)
シリーズ2作目。今回もよかったな。夢を失いかけた女の子や雷親父に勉強一筋小学生と一癖ありな人たちが訪…続きを読む
ノスタルジー1972
1972年をテーマにしたアンソロジー。ここにでてくる出来事ではっきり記憶にあることは少なくて、パンダ…続きを読む
Another
本の厚さに怯んで読まずにいた本でしたが、読み始めたら厚さは一切関係なし。先が気になって仕方ありません…続きを読む
ログイン新規登録(無料)