悪意のmooさんの感想

moo
加賀恭一郎シリーズ再読中。犯人はこの人だろうと推測はできたけれど、そこからが面白かった。一度は納得できた動機だったけれど、そこからが読んでいてドキドキ。これは確かに悪意だ。一方的にこんな悪意をぶつけられたらどうしたらいいんだろう。加賀が教職を辞めた理由も明らかになった。この体験はきついなあ。
★57 - コメント(0) - 1月10日

感想・レビュー投稿者

moo
2261冊/725652ページ/女性

mooさんの最近の感想・レビュー

虹の不在: 第II捜査官 (徳間文庫)
シリーズ2作目。何気ない気持ちが犯罪に繋がるのは人の身勝手さを嫌というほどに感じさせられため息が出る…続きを読む
青光の街(ブルーライト・タウン) (ハヤカワ・ミステリワールド)
最初の登場人物一覧の人数の多さにちょっと怯んだけれど、読み始めたらサクサク進んだ。最後まで読んでそう…続きを読む
最後の晩ごはん 黒猫と揚げたてドーナツ (角川文庫)
夏神さんの記念とか思い出という言葉にドキドキした。終わっちゃうのって。一度辛い別れを経験している夏神…続きを読む
菜の花食堂のささやかな事件簿 きゅうりには絶好の日 (だいわ文庫)
シリーズ2作目。前回の最後の出来事が気になるけれど、今回は触れられず。本人が気づかないうちに小さい頃…続きを読む
花咲小路三丁目のナイト
花咲小路シリーズ。今回は深夜営業のお店・喫茶ナイト。もうこのお店の佇まいを読んだだけで行ってみたくな…続きを読む
尾張ノ夏 ─ 居眠り磐音江戸双紙 34 (双葉文庫)
尾張に落ち着いた磐音一行。今津屋と親しくなったように今回は尾州茶屋家と親しくなります。身重なおこんに…続きを読む
ログイン新規登録(無料)