悪意のmooさんの感想

moo
加賀恭一郎シリーズ再読中。犯人はこの人だろうと推測はできたけれど、そこからが面白かった。一度は納得できた動機だったけれど、そこからが読んでいてドキドキ。これは確かに悪意だ。一方的にこんな悪意をぶつけられたらどうしたらいいんだろう。加賀が教職を辞めた理由も明らかになった。この体験はきついなあ。
★57 - コメント(0) - 1月10日

感想・レビュー投稿者

moo
2204冊/707256ページ/1461レビュー/女性

mooさんの最近の感想・レビュー

凍原 北海道警釧路方面本部刑事第一課・松崎比呂 (小学館文庫)
戦争末期の樺太から逃れ、戦後の混乱期を生き抜いた人。ある日湿原に消えた弟。自分の青い瞳のルーツを探る…続きを読む
情熱のナポリタン―BAR追分 (ハルキ文庫)
シリーズ3作目。今回も美味しそうなお料理の数々。食欲がなくなっていた柊くんだって食べちゃうくらい。バ…続きを読む
春の高瀬舟―御宿かわせみ〈24〉 (文春文庫)
身勝手な親子や過ぎたお節介。大きすぎる父親の存在。いろんなことから事件は起こります。が、今回は「紅葉…続きを読む
源太郎の初恋―御宿かわせみ〈23〉 (文春文庫)
東吾とるいに子どもが産まれました。通之進に千春というよい名前をもらいました。みんなに待ち望まれた子ど…続きを読む
お師匠さま、整いました!
主人公・桃が最初は全く好きになれなかった。けれど彼女は別に学問に思い入れがあるわけでも学ぶ事が好きだ…続きを読む
シネマガール (角川文庫)
廃校寸前の地方大学にアメリカで働いていた理事長の姪がやって来て大学の建て直しに奔走する。ヒントは全て…続きを読む
ログイン新規登録(無料)