悪意のてけさんの感想

加賀恭一郎シリーズの作品の中でも変わった作品ね!一件の殺人事件ですぐに犯人は捕まるのだけれど……。ここからが長い!(笑)そう、動機や手記に違和感は私も感じていて、途中で「まさか…」と思ってたらそのまさかだったというね…w いやぁ、奥が深いです。というか、この犯人の誘導の仕方がすごすぎて普通の人ならまず信じてしまうような内容……。 盛り上がりは全然ないけど、このタイトルはまさしくその通りだと思った。そして、最後の後ろから6行目の一文にゾワッと来たわ……。
★15 - コメント(0) - 1月10日

感想・レビュー投稿者

169冊/50820ページ/男性/その他

てけさんの最近の感想・レビュー

嘘をもうひとつだけ (講談社文庫)
加賀恭一郎シリーズの短編集。短編なだけあって、犯人側からの視点が多く、それほど凝ったストーリーではな…続きを読む
鉱物ウォーキングガイド 関東甲信越版: 歩いて楽しい! 都内近郊の鉱物めぐり26地点
採取場所の詳細が書かれているので、わかりやすいですね。また、紹介している場所は全て無難な場所(実際は…続きを読む
飼育する男 (角川ホラー文庫)
これはホラーというより官能小説に近いような……。ただ、官能小説だったら男…続きを読む
私が彼を殺した (講談社文庫)
加賀恭一郎シリーズ5作目。前作と違い、視点が章ごとに違う登場人物に切り替わる。そして、登場人物が全て…続きを読む
どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)
加賀恭一郎シリーズの作品。亡くなった妹の兄(警察官)が主役であり、犯人が妹の親友か別れた恋人かを兄と…続きを読む
眠りの森 (講談社文庫)
加賀恭一郎シリーズの2作目。ある程度閉鎖的空間になってしまうと、こんなに複雑になるものなのね。しかし…続きを読む
ログイン新規登録(無料)