小説 君の名は。のhobby no bookさんの感想

新海誠の映像作品のイメージで読みはじめると、文体が軽くてどうにも雰囲気が違っていて、ただ、ときどき挟まれる情景の描写なんかが、それらしかったりもして、ギャップが面白かった。
★33 - コメント(0) - 1月10日

感想・レビュー投稿者

1237冊/321518ページ/専門職

hobby no bookさんの最近の感想・レビュー

サガ スカーレット グレイス 公式設定資料+攻略ガイド 緋の天啓 (SE-MOOK)
やはりゲームの攻略本を読む楽しみというのは何事にも代えがたい。読書に親しみはじめたのは、わりと遅かっ…続きを読む
近すぎる彼らの、十七歳の遠い関係2 (ファミ通文庫)
和泉の存在感、というか在り方が「謎」として全体の雰囲気を規定している感覚が、不安定でいて心地よい感じ…続きを読む
グラン・ヴァカンス―廃園の天使〈1〉 (ハヤカワ文庫JA)
かなり期待して読みはじめたぶん、やや相性が悪くて入り込めなかったけれど、9章のラストにあった耳飾りの…続きを読む
ガールズ・ブルー (文春文庫)
派手な展開は一切ないのだけれど、小さな不満と、ちょっとした楽しみ、が静かに流れていく感じだろうか。気…続きを読む
狐と踊れ (ハヤカワ文庫JA)
「忙殺」のラストあたりの「ラプラス」が出てきたところの全体の印象が転調する感覚が良かった。続きを読む
鼠と竜のゲーム (ハヤカワ文庫 SF 471)
独自の用語や雰囲気、世界観があって読みごたえはあるのだけれど、解説にもあったように、初読だと、やはり…続きを読む
ログイン新規登録(無料)