小説 君の名は。のhobby no bookさんの感想

新海誠の映像作品のイメージで読みはじめると、文体が軽くてどうにも雰囲気が違っていて、ただ、ときどき挟まれる情景の描写なんかが、それらしかったりもして、ギャップが面白かった。
★37 - コメント(0) - 1月10日

感想・レビュー投稿者

1270冊/330091ページ/専門職

hobby no bookさんの最近の感想・レビュー

ビアンカ・オーバーステップ(上) (星海社FICTIONS)
前作は未読。上下読了。面白くはあったけれど、とくに冒頭から前半にかけて冗長で少し辛かったかもしれない…続きを読む
闇の国々 (ShoPro Books)
どれもよくて、建築ネタにも惹かれたのだけれど、個人的には「傾いた少女」が一番良かった。続きを読む
エスケヱプ・スピヰド (電撃文庫)
楽しめたけれど、いろいろな部分でもうちょっと踏み込んで書いてほしい、と感じるようなところもあり。しか…続きを読む
ブランド「メディア」のつくり方―人が動く ものが売れる編集術
初版7年前ということで、取り上げられているメディアのその後の趨勢などを鑑みながら読む。フリーペーパー…続きを読む
四十の魂―ユニコーンへの道
世代は一回りくらい違うけれど、自分もロボットアニメには多少なりとも影響を受けているという自覚はあるの…続きを読む
フォトグラフ (ShoPro books)
漫画のなかに写真を織り交ぜながら、ルポと自省がつづく。文章はそれなりにあるけれど、使われている言葉は…続きを読む
ログイン新規登録(無料)