沈黙のthinkeroidさんの感想

ほとんど一気だった。全編にあらわれる聖書のモチーフのうえに、僅かずつ明らかになっていく情報と信仰のもたらすサスペンスの描き出すドラマがあざやかで圧倒された。
★15 - コメント(0) - 1月10日

感想・レビュー投稿者

1699冊/415270ページ/347レビュー/男性/専門職

thinkeroidさんの最近の感想・レビュー

隣の家の少女 (扶桑社ミステリー)
何年も凄い積読してしまったような気がしていたが意外に1年半ぐらいだった。1/3ほどで主人公の考え足ら…続きを読む
サンバガエルの謎―獲得形質は遺伝するか (岩波現代文庫)
‪著者と訳者がカンメラー擁護で頭に血が上っていて、‬岡田節人解説が遠回しに、しかしハッキリと、否定し…続きを読む
日本人の9割に英語はいらない
昨日外山滋比古の本が統計をベースに論じていなかったので辛かったが、この本も肝心の題名の主張が統計をベ…続きを読む
傷のあるリンゴ
内容は同じ著者の別のエッセイ集と重複が多いのみならず、主張は統計的なパースペクティブを欠く。各々は一…続きを読む
今こそ読みたいマクルーハン (マイナビ新書)
人文の学者がマクルーハンの解説をすると多分まったく理解していないようなのにそのくせウェブ時代の現象に…続きを読む
言ってはいけない格差の真実【文春e-Books】
当然の事なのに世の人は揃って間違ってしまっていることが書いてある。続きを読む
ログイン新規登録(無料)