沈黙のthinkeroidさんの感想

ほとんど一気だった。全編にあらわれる聖書のモチーフのうえに、僅かずつ明らかになっていく情報と信仰のもたらすサスペンスの描き出すドラマがあざやかで圧倒された。
★15 - コメント(0) - 1月10日

感想・レビュー投稿者

1636冊/401551ページ/男性/専門職

thinkeroidさんの最近の感想・レビュー

DON’T TRUST OVER 30 (星海社文庫)
「The world is…」がいいな。続きを読む
絶対音感 (新潮文庫)
ひとは(または自分の子供は)訓練すれば誰でも絶対音感が身につくのか、という思いを胸にこの本を手に取る…続きを読む
傷物語 (講談社BOX)
読んだ記憶なかったから、また楽しめた。続きを読む
絶望系 閉じられた世界 (電撃文庫 1078)
読んで楽しいかというより、作者がストーリー構築を試作したプロトタイプのようなもので、登場人物や、絶望…続きを読む
タングステンおじさん:化学と過ごした私の少年時代 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
(無機?)化学についての一般向けのいい本が(物理学のそれがいくつも挙がりそうなのにくらべると)割と少…続きを読む
ログイン新規登録(無料)