シャーベット・ゲーム オレンジ色の研究のRENPOUNASUさんの感想

ミステリ部分は一言で言えば牽強付会。個々のロジックと物語の中でのそれが行われる必然との間に乖離があり、ホームズ役の推理が当て推量の域を出ていない。論理の飛躍がすぎる。一方でキャラや物語部分は当て推量の説明文に割く割合が高い為,人物描写が弱く、巧く遊べていない事もあり、「退屈」な文章。この中身ならもっとキャラ小説に寄せて構成しないといろいろと辛いか
★4 - コメント(0) - 1月11日

感想・レビュー投稿者

563冊/163995ページ/ガテン系

RENPOUNASUさんの最近の感想・レビュー

ようこそ実力至上主義の教室へ5 (MF文庫J)
舞台装置の弱さがやはりこのシリーズの欠点か。これがありがちな魔法学校の座学と実技みたいな現実とかい離…続きを読む
ようこそ実力至上主義の教室へ4.5 (MF文庫J)
閑話つれづれ 今後使い勝手のいいキャラを出すための地ならし巻でとりとめのなさがあり、単巻としては読み…続きを読む
ようこそ実力至上主義の教室へ (4) (MF文庫J)
クラス毎に序列化され待遇のある学園で最底辺から下剋上を目指す高二病、闇を背負った俺カッケーストーリー…続きを読む
ようこそ実力至上主義の教室へ (3) (MF文庫J)
クラス毎に序列化され待遇のある学園で最底辺から下剋上を目指す学園青春ストーリー第3巻。主人公が策士系…続きを読む
いま、n回目のカノジョ (ファンタジア文庫)
天然いい人幼馴染女子の気分次第で起こる何てことない日常の一コマのループにふりまわわれる表情読めないツ…続きを読む
絶対にラブコメしてはいけない学園生活24時 (講談社ラノベ文庫)
メタネタギャルゲミドルプライス風。ギャルゲプレイ経験があれば王道であっさり、これといって意外性のない…続きを読む
ログイン新規登録(無料)